Z世代が選んだ21年上半期「流行ったコトバ」3位ぴえん、2位アセアセ、1位は30年前の流行語?

あなたは2021年の上半期に流行っていたコトバや食べ物、ユーチューバーなどをどれくらい知っているだろうか? Z総研が流行に敏感な10代から20代前半のいわゆるZ世代を対象に今年流行ったモノやコトの10部門に対するアンケートを実施、ランキングを発表した。

家でワイワイ簡単に楽しめるあのパーティーメニューや、今やネットで高額販売され入手困難となっている程、大人気のあのお菓子がランクイン!そこで今回はそのランキングを紹介しつつ、今のトレンドの傾向と今後のトレンドについて考えてみよう。

そのルーツは30年前! 再ブームとなった古くて新しい流行語とは?

コトバ部門で1位を獲得したのは、30年以上前にブームとなったあのコトバ(Z総研調べ)

 Z総研は6月にインターネット上で10代から20代前半の女性543名を対象にインターネット上で、2021年上半期のトレンド調査を行ない、その結果を「Z総研2021年上半期トレンドランキング」として発表した。コトバや食べ物・飲み物など全部で10部門に分けられるが、ここではそのうちのコトバと食べ物・飲み物の部門のランキングを紹介する。

 まずは「流行ったコトバ」ランキング。第3位は2020年下半期で1位だった「ぴえん」がまたランクイン。LINEなどでも使いやすく、汎用性が高いことから息の長い流行語となっているようだ。
 続いて第2位は、「アセアセ」。女子高生から絶大な人気を誇るインフルエンサー・中町綾が使ったことから広まった。こちらもSNSなどでよく見かける使いやすいコトバだ。

 そして1位獲得したのは、「はにゃ?」だった。ユーチューバーとしても活躍するものまねタレントの丸山礼が美術部長キャラ「井上千晶」を演じる際に使い、広まったコトバ。
 このコトバを聞いて、なんで今更?と思う人もいるかもしれない。世代によっては新しくも懐かしくもあるこのコトバ、なぜなら元はと言えば約30年以上前に流行ったコトバだからだ。NHKの幼児番組『おーい!はに丸』の主人公・はに丸の口癖で当時ブームとなったのだ。丸山がそれを掘り返し、再ブームの火付け役となったのだった。

 さらに4位以下には、「さーせぇん」、「(おはよう)でやんす」、「(〜しか)勝たん」「(〜して)もろて」などが続く。

Z世代が選んだ21年上半期「流行ったコトバ」3位ぴえん、2位アセアセ、1位は30年前の流行語?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフZ世代アセアセはにゃ?ぴえんランキング流行ったコトバ】の最新ニュースをいち早くお届けします。