ポイントサービス勢力図に異変? 利用率ランキング1位「Tポイント」に迫るのは「dポイント」「楽天ポイント」

先駆者・Tポイントに楽天ポイントが追いつく! dポイントも勢力拡大

ポイントカードを利用する人は、「積極的」「やや積極的」を合わせると約7割(マイボイスコムリリースより引用)

 共通ポイントサービスの利用状況は、Tポイントと「楽天ポイント」がそれぞれ7割弱、「Pontaポイント」が5割弱、「dポイント」が4割弱という結果に。過去調査に比べ、楽天ポイントやdポイントなどが増加傾向にある。

 近頃、両社の「ポイント貯まりますよ」アピールをそこら中で見かけると思っていたが、どうやら気のせいというわけではなかったようだ。Tポイントは共通ポイントサービスの先駆けといえる存在であり、ソフトバンクグループとの提携で一気に勢力を拡大したが、QRコード決済の「PayPay」にポイント機能が移行しつつあり、今後の状況は読めない。長く協力関係にあったファミリーマートはすでにdポイントや楽天ポイントも取り扱っていて、立ち位置は微妙だ。Tポイントの利用者が減っているわけではないが、今後、他の共通ポイントサービスとどう戦っていくのか見ものだ。

 調査では他に、「WAON POINT」は女性の利用者が多い傾向にあることも判明。イオン系列のスーパーで食料品を買う時にポイントも貯めている……という姿が目に浮かぶ。ポイントの利用度合いも女性10~50代がやや高い傾向にあり、ポイントカードと女性の相性は相変わらず良さそうだ。

 一方、ポイントサービスへの不満点はというと、「店舗チェーンごとに異なるので単に『ポイントカードをお持ちですか?』と聞かれてもどのカードかわからない(男性25歳)」、「ポイントを全部1つにまとめて貯めて使えるようにして欲しい(女性29歳)」など、ポイントカード利用者ならば誰でも1度は思ったことがあるような回答が挙げられた。
 これらの不満を解消するような画期的施策を打ち出せば、一気に支持率も得られだろうに……と、サービス各社の次なる施策に淡い期待をいだいておこう。

出典元:ポイントサービスに関するアンケート調査(第7回)【マイボイスコム

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

ポイントサービス勢力図に異変? 利用率ランキング1位「Tポイント」に迫るのは「dポイント」「楽天ポイント」のページです。オトナライフは、【マネーdポイントPontaポイントTポイントWAON POINTポイントカードランキング楽天ポイント】の最新ニュースをいち早くお届けします。