「%p%s%s%s%s%n」という名前のWi-Fiスポットに接続するとiPhoneに不具合が!

読者の方々のうち、iPhoneユーザーの人々に覚えておいてほしいWi-Fiスポットの名前がある。 「%p%s%s%s%s%n」という怪しいWi-Fiスポットがあったら、たとえあなたがフリーWi-Fiスポットになっていて、月末で通信容量が非常に厳しい状況であっても絶対につないではならない。

今回は、つないだだけで不具合を起こしてしまう呪いの装備のようなWi-Fiスポットについてお伝えしていきたい。

接続したら即アウト!?再起動では直らない

街中で見知らぬフリーのWi-Fiスポットに接続したことはないだろうか

 アップル情報専門のニュースサイトである9to5Macによると、もしそのWi-Fiスポットに接続してしまうと、iPhoneのWi-Fi機能に不具合が起こるという。iPadも影響し、AirDrop等のサービスも使えなくなるとのこと。デバイスを再起動しても、ホットスポットのSSIDを変更しても、Wi-Fi機能を利用できなくなるというから恐ろしい。

 セキュリティ研究者のCarl Schou氏は自身のツイッターで、「%p%s%s%s%s%n」のWi-Fiネットワークに接続するとその時点からiPhoneのすべてのWi-Fi機能が無効になることを実証した動画を公開した。接続してしまうと、再起動しようがSSIDを変更しようが症状は直らないとのことだ。当該のCarl Schou氏のツイッターを訪問してみると、確かに画面がチカチカして、戻ろうにも進もうにもままならない様子だ。Schou氏に習い(?)他のツイッターユーザーもその名前のWi-Fiスポットに接続してみたところ、やはり同様のバグに見舞われたようだ。ちなみにAndroid端末では、この名前のネットワークに接続してもバグは起こらないそう。

「%p%s%s%s%s%n」という名前のWi-Fiスポットに接続するとiPhoneに不具合が!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスiPhoneWi-Fi】の最新ニュースをいち早くお届けします。