「鬼滅の刃」ファンが考える大ヒットするアニメの共通点! 次にくる作品は?

6月16日に劇場版の「無限列車編」がDVD&Blu-rayとして発売され、動画配信も今か今かと待ちわびている人も多い「鬼滅の刃」。一時期は落ち着きを見せてみたものの、再燃傾向にあり、一世を風靡したヒット作といえるだろう。

今回、エンタメ情報メディアのciatrが鬼滅ファンに対してアンケート調査を実施し、鬼滅の刃がなぜここまでヒットしたのか、次にヒットしそうな作品を分析。特に多かったヒットの理由4つと、「ネクスト鬼滅」のランキングを紹介したい。

鬼滅ヒットの理由は登場キャラへの共感!どのキャラも深みがあって魅力的

日本歴代興行収入第1位を記録した無限列車編。2020年公開映画の年間興行収入で世界1位も記録するなど、世界的なヒットとなった(Amazonより引用)

 まずは鬼滅ヒットの理由から。1つ目は「鬼(敵キャラ)のストーリーにも共感できる」というもの。「人vs鬼」というシンプルな構図でありながらも、敵として登場する鬼をただの悪役にせず、その過去や背景を描くことで深みを出し、キャラを魅力的にみせている。「悪役にも過去の物語があり、それぞれのキャラクターの良さがあるところ(20代)」、「悪役である鬼にも、人間だったときの苦悩や弱さがあり、単なる悪で片付けられないところが深いと思います (40代)」という回答に見られるように、悪役でありながらも共感できるポイントを描いたことが、幅広い世代に受け入れられた要因だろう。

 2つ目の理由は「恋愛ではなく兄弟愛・家族愛がテーマ」であったこと。「外出自粛期間中に普段アニメに触れない人が視聴し、家族愛が主軸の那田蜘蛛編が大人にも刺さり家族で楽しめたからだと思います (30代)」というように、作品自体が子どもから大人まで感動できるストーリーになっているので、家族共通のエンタメとして地位を確立した。

 3つ目は「簡潔に終わった・一気読みできる長さ」であることが爆発的なヒットを生み出したと推察。原作は全23巻、アニメは現在放送している回までだと全26話と、ジャンプ作品としてはかなり短めで、「エピソードをあまり引き伸ばさず、わかりやすかった(30代)」との言葉通り、ライト層にも受け入れやすい長さだった。

 最後の理由は、「話題の連鎖・タイミングの良さ」が挙げられている。「コロナで在宅になり、皆テレビを見る時間が増えた時に、ちょうど盛り上がってきたコンテンツだったから(30代)」との言葉通り、巣ごもり需要の増えた時期であったことや映画化のタイミングなど、作品の魅力が最大限に伝わる環境が備わっていたこともヒットの要因とみられている。

「鬼滅の刃」ファンが考える大ヒットするアニメの共通点! 次にくる作品は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフアニメチェンソーマンランキング呪術廻戦東京リベンジャーズ漫画鬼滅の刃】の最新ニュースをいち早くお届けします。