どうすればいい? 最新パソコンでWindows 11「非対応」と判定されたときの対処方法

ついに2021年後半に投入されることになった「Windows 11」。Windows 10からも無償アップグレード可能とのことなので、気になっている人も多いだろう。だが、Windows 11をインストールできるかどうかはどうやって確認すればいいのだろうか? そこで今回は、Windows 11がインストールできるパソコンのシステム要件と、自分のパソコンが対応しているかどうかサクッと確認する方法を解説しよう。もし、最新パソコンがNG判定された場合の対処方法も紹介するぞ!

Windows 11に対応するか確認する方法は?

(Image:microsoft.com)

 2021年6月25日、Microsoftは「Windows 11」を正式に発表した。今のところ2021年後半にリリースされる予定だが、Windows 10でも無償アップグレード可能とのことなので、自分のパソコンが対応するのか気になっている人も多いだろう。

 現在発表されているWindows 11のシステム要件は、CPUが1GHz以上2コア以上(64bit)、メモリは4GB以上、ストレージが64GB以上となっているほか、DirectX 12以降/WDDM2.xとなっている。これを見る限り、少し古めのWindows 10パソコンでも十分に要件をクリアできそうだ。実際に確認するには、Microsoftが配布している「PC 正常性チェック」ツールを使えばいい。

 もし、残念ながらアナタのパソコンが「Windows 11」のシステム要件を満たしていない場合は、引き続き「Windows 10」を使用するしかない。しかし、Microsoftによると2025年10月14日までは「Windows 10」のサポートが継続される予定なので、とりあえず、あと4年は現状のWindows 10パソコンを利用できることになる。

 なお、Winodws 11の新機能については→こちらで詳しく解説しているので、事前に確認しておこう。

こちらがWindows 11とWindows 10のシステム要件の違いを比較したものだ。これを見る限りちょっと前のパソコンでも対応できそうだが……

どうすればいい? 最新パソコンでWindows 11「非対応」と判定されたときの対処方法のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoftWindowsWindows 10Windows 11アップグレード】の最新ニュースをいち早くお届けします。