カフェブランド認知度ランキング、3位ミスタードーナツ、2位スターバックスコーヒー、1位は?

仕事での息抜きや集中して企画を考えたいときなどに行きたくなるカフェ。店内には、他のテーブルでの会話、グラスが置かれる音など、さまざまな音が充満している。この程よい雑音があるため、突発的な音が発生しても、集中力が途切れず仕事が効率的にはかどるのだとか。このサラリーマンにとって欠かせない場所、カフェのブランドについて、RJCリサーチが調査結果を発表した。

セルフサービスのカフェが上位を占める

仕事をするにも疲れを癒やすこともできるカフェ

 インターネット調査やリサーチを行うRJCリサーチが日本全国の13~59歳男女を対象に、「カフェチェーンのブランド浸透度調査(有効回答数4,410名)」を実施した。調査によると、利用経験では 1位が「マクドナルド」 で、92.9%と最も高く、次いで 「ミスタードーナツ」(89.1%)、「スターバックスコーヒー」(84.8%)続く結果に。

 また、認知度については、1位は「マクドナルド」で94.1%、2位は「スターバックスコーヒー」93.1%、3位は「ミスタードーナツ」92.5%、4位は「コメダ珈琲店」91.1%と、4チェーンが90%以上を記録。一方、全体では50%に満たない認知度だった「珈琲館」「銀座ルノアール」「プロント」も、出店数の多い首都圏に限れば半数近くの人が認知していた。

 珈琲館と銀座ルノアールは、喫茶店であって“カフェ”と問われるとちょっと違和感を覚える人もいるかもしれない。ちなみに、「レトロで落ち着いている」のが喫茶店、「カジュアルで開放的」なのがカフェというイメージの違いだけではなく、それぞれで必要な設備も食品営業許可の申請も異なるのだ。

カフェブランド認知度ランキング、3位ミスタードーナツ、2位スターバックスコーヒー、1位は?のページです。オトナライフは、【グルメコメダ珈琲スターバックスマクドナルドミスタードーナツランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。