世界の大学ランキング【アジア編】、3位清華大学(中国)2位南洋理工大学(シンガポール)1位は?

イギリスの大学評価機関QS Quacquarelli Symondsが、2022年度版「世界大学ランキング」を発表した。これは大学のレベルを比較するためのデータとして世界中で多く参照されている情報源の一つで、ランキングの1位はアメリカのマサチューセッツ工科大学、2位はオックスフォード大学、3位はスタンフォード大学と、名だたる大学が並んでいる。

今回はその中から、アジアの大学をクローズアップ。日本の最高学府と呼ばれる東大や京大は何位にランクインしているだろうか。

3位はエンジニアの育成に定評がある清華大学、2位はグローバル人材を輩出している南洋理工大学

大学の国際化は日本の大学の課題の一つによく挙げられる

 このランキングは世界1,300の大学を6つの主要な指標に従って評価されている。その指標とは、学術的評判、雇用主の評判、教員/学生比率、学部ごとの論文引用数、国際教員比率/留学生比率だ。ちなみに、トップ10はアメリカとイギリス、スイスの大学に占められており、アジアの大学が登場するのはそれ以降であることを付け加えておこう。

 アジアの大学第3位は、中国の「清華大学」で総合評点は89。首都・北京にある総合大学で、創立は1911年と歴史は長い。工業分野をメインに優秀な人材を数多く輩出していて、起業家も多く、中国の習近平国家主席や胡錦濤元国家主席の出身校としても有名だ。日本の東京工業大学と合同プログラムを実施するなど、日中交流を支える国際的人材の育成にも取り組んでいる。また、フォーブス誌の「世界で最も美しい大学キャンパスランキング」でアジアから唯一ランクインするなど、キャンパスの素晴らしさも特筆すべき大学だ。

 第2位はシンガポールの「南洋理工大学」で総合評点は90.8。イギリスから独立する前の1955年に華僑教育機関として設立された南洋大学が礎となっており、メインキャンパスは200ヘクタールとシンガポール最大の広さを誇る。日本の神戸大学や福井大学などとも協定を結んでいるほか、ヨーロッパからも多くの留学生を受け入れ、「科学技術を基盤としたグローバルな大学として多様な分野の研究と幅広い教育を通じてリーダーを育成する」というミッションのもとに優秀な学生が集まっているようだ。

世界の大学ランキング【アジア編】、3位清華大学(中国)2位南洋理工大学(シンガポール)1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフアジア大学ランキングシンガポール国立大学ランキング京都大学南洋理工大学東京大学東京工業大学清華大学】の最新ニュースをいち早くお届けします。