日清のふざけているようで大真面目な難関全国統一「UFO対策模試」を実際やってみた!

6月24日は「UFO(未確認飛行物体)の日」。1947(昭和22)年、アメリカで初めてUFOが目撃されたことから制定されたものだが、もしあなたがUFOを目撃、あるいは遭遇したらどうするだろうか。「その時になってみないとわからない」と考える人が多数だろうが、UFO襲来時にどうすべきか真剣に考えることができるサイトがある。

カップ焼そば「U.F.O.」を販売する日清食品が、UFOの日にあわせて実施した「全国統一UFO対策模試」というWebキャンペーンのサイトだ。これは今でも残っていて受験することができるため、筆者も実際に受けてみた。その模様を報告しよう。

全部で15問の4択形式。やってみるとかなり難しい

(Image:nissin-ufo.jp)

いかにもなイラストが添えられているのも雰囲気を高めている

 Webキャンペーンが実施された2018年、日本政府はUFOについて「存在を確認したことはなく、対応についても特段の検討を行っていない」という答弁書を閣議決定している。しかし一方でUFOの目撃情報は年々増え続けているそうで、同じ名前を関するブランドとして「この危機的な状況を放っておくわけにはいかない。政府に変わって国民一人ひとりにUFO対策を啓蒙するため、立ち上がる!」というストーリーを元に企画された。対策模試はオカルト雑誌「月刊ムー」が全面監修したもので、全部で15問。すべて4択形式だ。

 「今すぐ受験する」というボタンを押すと、第1問が早速出題される。「UFOとの遭遇を避けるためには、毎月何日の外出を控えるべきか?」。全く分からないので適当に、けれども真剣に「ゾロ目はなんかヤバそうだ」などと考えながら選んでいく。答えを選ぶとすぐに正誤が判明。答えの理由など解説も出現するので、問題を解きながらUFO襲来に備えるための知識を学ぶことができる。「UFOとの遭遇は、次の現象と同時に起きるときがある。それはどれか?」という問いには「飛んでるUFOを見つけやすいのは暗闇の中。つまり停電だな」などと理論的(?)に考察し、解答していく。さて、結果はいかに?

日清のふざけているようで大真面目な難関全国統一「UFO対策模試」を実際やってみた!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフUFO対策模試日清焼そばU.F.O.日清食品】の最新ニュースをいち早くお届けします。