100年前の都道府県別人口ランキング、1位は圧巻の東京も、意外な事実が続々判明

ここ数年、日本では少子高齢化の問題が顕在化し人口が微減するようになってきているのをご存知の方も少なくないかもしれない。しかし減っているとはいえ、100年前に比べればかなり多いことも事実。では、100年前からどこの都道府県でどれだけの人口が増えているのだろうか。
 今回は、ダイヤモンド・オンラインの記事をもとに日本国内の人口の増減について考えていきたい。

100年前の都道府県との人口比較を実施!

100年前の東京の人口はどうだったのか?

 ダイヤモンド・オンラインが浅井建爾氏の著書「教養としての日本地理」の一部を再編集した記事によると、日本で第1回国勢調査が実施されたのは1920年。大正9年までさかのぼる。その時点では日本の総人口はおよそ5,596万人とされ、ちょうど100年後の2020年1月の国勢調査では1億2,713万人と約2.3倍まで増えている。1920年当時の日本の人口を都道府県別に見ると、最も人口が多かったのは東京で370万人。次いで大阪・259万人となっている。さすが東西の都は100年前も変わらぬ存在感だ。

 そして3位につけたのが、意外と言うべきか北海道。236万人を擁する大都市だったという。実は北海道は、明治から大正にかけて政府が北海道への移住を推進していたこともあり、東北・北陸地方を中心に全国から多くの人々が移住してきていた。そのため3位となるほどの人口に膨れ上がったのだろう。

100年前の都道府県別人口ランキング、1位は圧巻の東京も、意外な事実が続々判明のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング人口北海道大阪府島根県東京都神奈川県都道府県鳥取県】の最新ニュースをいち早くお届けします。