スタバ「都道府県フラペチーノ」ランキング1位、埼玉県限定プラぺのネーミングをめぐって『自虐なの?』と話題に!

「47JIMOTO Frappuccino」は、各都道府県のスターバックスの従業員がアイデアを出し合い、地元ならではのオリジナルフラペチーノを展開するプロジェクトだ。発売直後からTwitterでは話題を独占するほどの盛り上がりよう。そのなかでも、特に埼玉県のメニューは「自虐的」などと注目を集めているようだ。

多彩な魅力を持つ埼玉県だから“たさいたま”

「ださいたま」というフレーズを最初に発信したのはタレントのタモリ氏だという説も

 これまで「ださいたま」などとディスられてきた埼玉県。2016年に「翔んで埼玉」のヒットを受けて、当時の知事は「悪名は無名に勝る」と発言。ディスられることを逆手に取ったPRも行われるようになった。

 そんな経緯もあるなか、今回47JIMOTO Frappuccinoで埼玉県限定メニューとして発売されたのが「多彩玉 ストロベリー&シトラスフラペチーノ」だった。発売前から「多彩玉」というネーミングをめぐって「あまりにも自虐的な名称ではないか?」や「埼玉に名産品はあるのか?」といった不安の声が聞かれていた。しかし、All About NEWSの取材によると、その本当の読み方は「たさいたま」だったのだ……!

「最初の文字には濁点がつくの?」という一部の埼玉県民の不安は外れる結果となった。ちなみに、多彩玉とは「多彩な魅力を持つ埼玉」をあらわすネーミングだそう。実は、これまで埼玉県は、ださいたま脱却のため「彩の国 さいたま」と名称を定めてイメージアップ戦略を行ってきた。その名付けの際の想いと、今回発売された「多彩玉」は想いを一つにするものだった。

スタバ「都道府県フラペチーノ」ランキング1位、埼玉県限定プラぺのネーミングをめぐって『自虐なの?』と話題に!のページです。オトナライフは、【グルメ47JIMOTOフラペチーノスターバックス埼玉県多彩玉】の最新ニュースをいち早くお届けします。