楽天銀行1,100万口座突破! メガバンクを蹴散らし、楽天 vs PayPayの競争勃発不可避?

楽天銀行の勢いが止まらない。2021年1月に国内のインターネット銀行として初めて1,000万口座の大台を突破したことで注目を集めた楽天銀行だったが、その勢いはさらに加速しわずか6カ月で1,100万口座に急拡大しているという。近年その存在感を強め続けているネット銀行だが、いったい既存の銀行と何が違うのだろうか…?今回はネット銀行の魅力とその中でも抜けた顧客獲得力を持つ楽天銀行の強みについてお伝えしていきたい。

楽天銀行がネット銀行初の1,100万口座突破!

(Image:rakuten-bank.co.jp)

ネット銀行で初の1,100万口座を達成した楽天銀行(画像:楽天銀行リリースより引用)

 楽天銀行は7月5日、プレスリリースで「7月4日に国内ネット銀行で初の1,100万口座(解約済み口座数を除く)を突破した」と発表。加えて同行史上過去最短となる「約6カ月での100万口座増加」したことも明らかにしている。大まかに言って、1日に6,000件弱の新規口座が開設されている計算だ。この数字からも、その勢いが尋常でないことがわかるだろう。

 楽天銀行といえば、年明け早々の1月19日に「1,000万口座到達」を宣言し、その際にも「楽天銀行として最短の約7カ月での100万口座増加となりました」とも伝えたばかり。その最短記録を早々に更新したということは、現在楽天銀行の支持が加速度的に増えていると言ってよさそうだ。

 また、給与振込の受取口座に設定するサラリーマンなども増えているようで、「単体預金残高は2021年6月末に6兆円を突破」したことも同リリースで伝えている。いったいなぜこれほどにユーザーが増えてきているのだろうか…?

楽天銀行1,100万口座突破! メガバンクを蹴散らし、楽天 vs PayPayの競争勃発不可避?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayPayPay銀行QRコード決済キャッシュレス楽天ペイ楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。