スシロー、業界トップの地位が盤石に? 京樽とのダブルブランドでテイクアウトを強化へ

外食大手FOOD&LIFE COMPANIESは、グループの「スシロー」と「京樽」のダブルブランド店舗を公開。千葉と東京に計4店舗(行徳店、市ヶ谷店、西船橋店、門前仲町店)をオープン。近年の回転すし人気も相まって、回転すし王者のスシローとテイクアウトに強い京樽のダブルブランド店舗と言われれば期待しかないが、一体どのようなシナジーが生まれる店になるのだろうか……!?

ダブルブランドならでは!商品ラインアップが豊富

近くにあれば、絶対行ってみたい(写真はイメージです)

 2021年3月、スシローグローバルホールディングスが、吉野家ホールディングスから京樽を買収することを発表。4月1日には完全子会社化を果たし、テイクアウトなどの多様なニーズに応える企業とするべく、スシロー側も社名をスシローグローバルホールディングスから「株式会社FOOD & LIFE COMPANIES」へと変更していた。そして7月6日、スシローと京樽のダブルブランドが発表され、7月7日から行徳店、市ヶ谷店、西船橋店、門前仲町店がオープン。買収したシナジー効果を最大限に発揮すべく、着々とプロジェクトが進んでいる感がある。

 そして、消費者としてやはり気になるのが、スシローと京樽のダブルブランド店舗でどんな商品が販売されるかだろう。京樽の看板メニュー「茶きん鮨」をはじめ、「巻き鮨」「押し鮨」など、上方鮨の定番品が展開される。京樽のメニューは店内で職人が調理するスタイルは継続されるようだ。それに加え、「まぐろ」「はまち」「えび」をはじめとしたお得なにぎりすしのセットなどをそろえた。これらのセットは、近隣のスシロー店舗で調理したものを配送している模様。今回の新たな取り組みにより、握り寿司の商品数は3倍近くに増えており、全体の商品数は1.8倍になったという。ダブルブランド店舗を展開する大きな狙いは、商品ラインアップ拡充による新規客の獲得。このラインアップなら新規顧客獲得間違いなしのように思える。

スシロー、業界トップの地位が盤石に? 京樽とのダブルブランドでテイクアウトを強化へのページです。オトナライフは、【グルメスシロー京樽回転寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。