初代ウォークマンに激似のオーディオプレーヤーにネット民騒然! ザワつく理由がありすぎる

さらに、価格はなんと24万2,000円!

(Image:shenzhenaudio.jp)

「ソニー製なら買うのに」というネットの声も少なくない(画像:SHENZHENAUDIO公式サイトより引用)

 そもそも名前もDPS-L2とTPS-L2とたった1文字違いなことにも何かしらの意図があるのでは?と感じてしまう。さらに、サイズ感や全体のカラーリングだけでなく、個々のボタンのデザインやジャック類の配置など、ディテールに至るまで、世界中の人のオーディオ体験を一変させた、あの歴史的製品である初代ウォークマンと瓜二つ。あまりに似すぎているせいか、「製品デザインの盗用にはならないのでしょうか」「ソニーに怒られない?」「よく国内販売できたな」と心配する書き込みも散見された。また、「ソニー製なら買うけど、違うならちょっと」と、ソニー製でないことに購入の二の足を踏む声も多い。

 しかもこのDPS-L2、全世界999台の台数限定で、なんと価格が24万2,000円。一般的なデジタルオーディオプレーヤーとは比べものにならないそのセレブな価格に「お値段的に無理」「ハードルが高い」「20万って!」と嘆きの声が上がっている。このDPS-L2、「懐かしい」だけでは手に入らない、あの頃の青春の日々にも似た入手困難な逸品となりそうだ。

参照元:初代ウォークマンに激似のオーディオプレーヤー 「懐かしすぎる」「ソニーに怒られない?」などと関心集める【iza】
●SHENZHENAUDIO(公式)は→こちら

※サムネイル画像(Image:SHENZHENAUDIO公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

初代ウォークマンに激似のオーディオプレーヤーにネット民騒然! ザワつく理由がありすぎるのページです。オトナライフは、【デバイスOriolusウォークマンソニー】の最新ニュースをいち早くお届けします。