【少年漫画】最終回が最高だったランキング、3位「タッチ」2位「鋼の錬金術師」1位は?

最高の最終回、トップは犬夜叉!

(Image:amazon.co.jp)

犬夜叉はワイド版の愛蔵版コミックスも発売されている(画像:Amazonより引用

 トップ3に入り、3位は週刊少年サンデー「タッチ」。日本人なら誰もが知る高校野球マンガの金字塔で、主人公の上杉達也が急逝した双子の弟・和也の遺志を継いで幼馴染の浅倉南を甲子園へと連れていく展開となっている。後年、「タイトルの『タッチ』は、和也から達也へのバトンタッチの意味も込めている」と作者のあだち充氏が明かし話題となった。また、あだち氏の作品としては「ラフ」も8位にランクインした。

 2位には月刊少年ガンガンで連載されていた「鋼の錬金術師」が入った。母を生き返らせようと禁忌である「人体錬成」に手を出し身体を失った兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟が、すべてを取り戻すため旅を続けるダークファンタジー作品だ。2021年は連載開始20周年という節目の年でもあり、7月12日には記念プロジェクトが発表されている。

 数々の話題作を抑えて1位に輝いたのは、週刊少年サンデーの「犬夜叉」となった。「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」など数々のヒット作を生み出してきたラブコメマンガのレジェンド・高橋留美子氏が1996~2008年に連載した作品だ。なおうる星やつらは12位にランクインしている。

 最近終わったばかりの人気作だけでなく、1・3位にはマンガ界のレジェンドとも呼べる作家が入っていることも興味深いランキングとなった。ちなみに高橋氏とあだち氏はどちらも今なお連載を抱えている現役の人気作家だ。レジェンドを2人も抱えるサンデー系列の、息の長い活躍をこれからも見守っていきたい。

出典元:最終回が最高だった少年漫画ランキング【gooランキング

※サムネイル画像(Image:Amazonより引用

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【少年漫画】最終回が最高だったランキング、3位「タッチ」2位「鋼の錬金術師」1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフタッチハイキュー!!ランキング少年漫画漫画犬夜叉鋼の錬金術師鬼滅の刃】の最新ニュースをいち早くお届けします。