新宿東口の『巨大猫』が海外からも熱視線…「日本に行く理由がまた一つできた」

新宿駅東口のビル上部に突如として現れた“巨大猫”の存在を知っているだろうか。ビルの角っこで、口をむにゃむにゃと動かしながら伸びをしたり顔を洗ったり、今にもこちらにひょいっと降りてきそうな巨大三毛猫。彼の正体は、湾曲ディスプレイを活かした3D映像である。

7月1日に仮放映が開始され、7月12日に満を持して本放映となったこの巨大猫。国内のみならず海外のメディアでも紹介され、いま世界中で話題となっているようだ。

なぜ“猫”?「思わず笑ってしまうような明るい映像を」

(Image:prtimes.jp)

現在放映中の3D映像。今にも飛び出してきそうな迫力だ

 巨大猫の3D映像が放映されているのは、新宿駅東口広場前に位置する「クロス新宿ビジョン」。150㎡超級では国内唯一の4K相当画質であり、高スペックを備えた最先端の大型街頭ビジョンである。

 クロス新宿ビジョンのプロモーションとして制作されたこの3D映像。ORICON NEWSがクロス新宿ビジョンを運営する株式会社ユニカの藤沼良丞氏に行った取材によると、渋谷にハチ公、池袋にいけふくろうという動物キャラがいるなかで、“新宿で愛される動物”として猫を選んだという。また、落ち込んでいる新宿の街を盛り上げるために「街を歩いている人が思わず笑ってしまうような明るい映像を作りたい」(ORICON NEWSより引用)という思いもあったそうだ。

新宿東口の『巨大猫』が海外からも熱視線…「日本に行く理由がまた一つできた」のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ巨大猫新宿東口】の最新ニュースをいち早くお届けします。