【2020国勢調査】東京都人口増ランキング、3位「文京区」2位「千代田区」を抑え1位となった区は?

総務省が公表した、2020年国勢調査の速報値によると、日本の総人口は約1億2,622万7,000人と、前回(2015年)調査から約86万8,000人減少していたことがわかった。人口が増えたのは首都圏が中心で、東京都は約1,406万5,000人。テレワークが定着し、自然を求め地方へ移住する者が増加したと言われるが、今回の数値にはまだ表れていないようだ。2015年から2020年までの5年間で人口が増えた東京都内の市区町村ベスト5を紹介しよう。

各地で広がる再開発で住みやすさ、魅力も変化している

(Image:yu_photo / Shutterstock.com)

賃貸オフィス、ホール、飲食店などを複合した、超高層ビルが立ち並ぶ品川駅東口周辺

 第5位は、駅周辺の再開発が進み「大人化」を目指す渋谷区(1万9,534 人増、増減率+8.7%)。商業施設だけでなくオフィス供給が増し、多くのIT企業が移転しITの街として脚光を浴びたが、現在は空テナントも増えているらしい。今の状況のなる前にITワーカーがマンションを購入したのか?

 第4位は、品川区(3万5,940人増、増減率+9.3%)。品川といえばJR品川駅周辺エリアと天王洲や大崎といったベイエリアに乱立する高層ビルをイメージする人も多いだろう。確かにJALや富士電機などが本社を構える、ビジネス街として発展してきたまちではあるが、昔ながらの商店街を有する戸越銀座や中延といった下町エリアが大半を占めている。23区でベスト3に入るほど治安も良いので、働きやすく住みやすいまちでもあるのだ。

【2020国勢調査】東京都人口増ランキング、3位「文京区」2位「千代田区」を抑え1位となった区は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング中央区千代田区国勢調査文京区東京都】の最新ニュースをいち早くお届けします。