タクシーの料金精算は現金派? キャッシュレス派? 決済方法で世代別マネー事情がくっきり

移動関連サービスの決済手段に関するアンケートが発表された。移動手段によっては、若い世代ほどキャッシュレス化が進んでいる。支払方法が何であろうと個人の自由だが、ことタクシーの利用に関してはビジネスシーンも多い。たかが支払い一つだが、下の世代から「アップデートできない人」と思われないように気をつけたい。

タクシーの支払い、40代以上は現金の比率が大きい

さまざまな決済方法に対応しているタクシーでなぜ(パーク24調べ)

 ドライバー向けの会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に行なった「移動関連サービスの決済手段」に関するアンケート結果をパーク24が公表した。

 移動関連サービスとは、電車やバス、飛行機に車、自転車などが含まれる。その結果、交通系ICカードが定着している「電車(在来線)」の決済はキャッシュレスが約8割にのぼると強さを見せたほか、「路線バス」「新幹線・特急」も半数以上がキャッシュレスを利用している結果に。また、事前予約が主流の「高速バス」や「飛行機」などもキャッシュレスが優勢となった。

 逆にキャッシュレスが劣勢となったのが「駐車場」「タクシー」「駐輪場」だ。駐車場においては、そもそも駐車場自体のキャッシュレス対応が遅れているという要因もあるためか全世代で現金派が多数。一方、タクシーの場合は30代まではキャッシュレス決済を利用している人が多いものの、40代からは世代が上がるごとに現金派の割合が増えていくという結果になった。

タクシーの料金精算は現金派? キャッシュレス派? 決済方法で世代別マネー事情がくっきりのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレスタクシー】の最新ニュースをいち早くお届けします。