総務省、スマホ料金値下げに続き今度はネット回線違約金の値下げに着手か

私たち消費者のデジタルライフが、さらに便利で豊かなものになるかもしれない。というのも、国がインターネット通信の契約について「高すぎる解約金はNG。上限は料金1ヶ月まで」という判断を下すことになりそうなのだ。現在はまだ方針を定める段階であり、これからこの案件がどう動いていくかはまだ未知数だが、まずは値下げのために動き始めたことを喜びたい。

ネット回線契約の違約金に「上限を設ける」案が浮上

LANケーブルはインターネットに欠かせない

 総務省は7月14日、12日に開いた有識者会議の内容を取りまとめた通信サービスの利用者保護に関する報告書案への、一般からの意見募集を行うことを発表。15日から募集をスタートしている。

 報告書案では、光回線をはじめとしたネット通信サービスで“2年縛り”など契約期間中の解約時にかかる違約金の上限に関わる内容にも言及。現在は数万円かかることもあるという違約金を、1ヶ月分のサービス利用料程度に収めるよう求めている。

 また、ネット上で契約できるサービスは解約手続きもネット上で完結可能にすべき、との意見も盛り込まれているという。これまではネットで解約を申し込むとコールセンターとのやりとりが発生し過度な引き留めに合うことも少なくなかったようだ。確かに、契約手続きがネット上の操作のみで簡単に完了するのであれば、「解約手続きが人の手を借りないとできない」ということは考えづらい。コールセンターに人件費を割いていることを考えても、ネット完結は両者にとってwin-winのはずだ。

総務省、スマホ料金値下げに続き今度はネット回線違約金の値下げに着手かのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスインターネットネット回線ネット回線違約金総務省】の最新ニュースをいち早くお届けします。