絶対王者・PayPay唯一の弱点? アプリを開いてすぐに残高確認できない仕様のワケとは

QRコード決済をしようとして、レジで意気揚々とスマホを取り出したら残高不足……なんて経験がある人も少なくないはず。そして、「すみませんチャージします」と縮こまりながらチャージ金額を打ち込む姿は、お世辞にもスマートとは言えない。

そんなプチ事件が起きる要因のひとつとして、アプリを開いて最初に表示される画面に残高が表示されていないことが挙げられる。パッと見でコード決済アプリにいくら入っているのかがわからず、残高が0に近づいても気付けないからだ。それはQRコード決済の絶対王者「PayPay」も例外ではない。しかしその仕様にはとある“理由”があったのだという。果たして利便性を損なってでも優先した理由とは…。

PayPayアプリ、残高が見えないようになっているのはなぜ?

PayPayは画面上のカードをタップしないと残高が表示されない仕組みになっている(筆者撮影)

 QRコード決済界で圧倒的なシェア1位を誇るPayPayだが、アプリを開いてすぐに表示されるファーストビューでは残高が表示されない仕組みになっている。残高を確認するには、画面に表示されたカードの右下にある赤い丸をタップする必要があり、何気に面倒なひと手間だ。

しかし、すべてのQRコード決済アプリがこのようになっているわけではない。「楽天ペイ」のアプリでは、ファーストビューで画面上部に残高や貯まっているポイントが表示されるようになっており、会計に足りる金額がチャージされているか否かは一目瞭然だ。業界トップのPayPayは、なぜここを改善しないのだろうか。

絶対王者・PayPay唯一の弱点? アプリを開いてすぐに残高確認できない仕様のワケとはのページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済キャッシュレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。