「細田守監督と新海誠監督、どっちの映画が好き?」僅差で過半数を獲得したのは?

7月16日に公開された細田守監督のアニメーション映画「竜とそばかすの姫」が絶好調だ。公開直後の週末には観客動員数でトップを記録し、作品の舞台のひとつとなった高知県高岡郡越知町の仁淀川流域ではすでに聖地巡礼が始まっているという。そんな細田監督作品の人気ぶりを測るようなアンケート調査の結果が、このたび発表されている。今回は、現在細田監督と双璧を成す人気を誇るアニメ映画監督との比較についてお伝えしていきたい。

「2監督、どちらが好み?」僅差で細田監督が勝利!

わずか数%の差で細田監督が過半数を獲得した(1Screen調べ)

 2006年に公開された「時をかける少女」以降、3年おきに新作を公開していることでも知られる細田監督。“時かけ”だけでなく「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」などの作品も大ヒットした。最新作・竜とそばかすの姫も、興行通信社が発表する7月17~18日の「週末観客動員数TOP10」では、絶好調の「東京リベンジャーズ」を抑えて初登場1位に輝くなど好調な滑り出しを見せている。

 そんな中で、動画配信の横断検索サービス1Screen(ワンスクリーン)では「細田守監督と新海誠監督、どちらの映画が好み?」と、現代のアニメーション映画界を牽引する監督2人の人気投票を実施。7月20日にその結果を公開した。
 その発表によれば、「細田監督」と回答したのが52.2%(261票)と優勢に。しかし新海監督も47.8%(239票)と高い支持率を記録し、ほぼ半数に割れた格好となったことが明らかになった。“両雄並び立たず”ではなく“両雄並び立つ”といった様相を呈したのだった。

「細田守監督と新海誠監督、どっちの映画が好き?」僅差で過半数を獲得したのは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフ新海誠映画時をかける少女竜とそばかすの姫細田守】の最新ニュースをいち早くお届けします。