関東の高校生が志願したい文系大学ランキング、5位中央、4位明治、3位早稲田、2位青山、1位は?

今年の私立大学一般選抜は激変で、大学入試改革初年度に当たるため注目度が高かったのだが、戦後最大となる12%もの志願者減に終わった。このほどリクルート進学総研では高校3年生に、大学に対する志願度やイメージを調査。今回はその調査報告から「関東エリアの高校生が志願したい文系大学」ランキング、トップ5は紹介しよう。

チャンスが広がる大学入試改革

(Image:Osugi / Shutterstock.com)

志願者が一番増えた明治大学法学部だった。駿河台キャンパスのリバティタワースカイラウンジ暁(食堂)は人気!

 関東の大学群を、偏差値をひとつの指標として「早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大)」と「GMARCH(学習院大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)」というように長い間、分けられていた。ところが、2年ほど前から偏差値や人気によって再編され、「SMART(上智大、明治大、青山学院大、立教大、東京理科大)」というくくりが登場している。今回の性別、文理別、総合ランキングでも、上位にSMARTの姿が多く見られた。

 2位は、前年と変わらず青山学院大学。青学は、英語が難しいことで知られていたが、一般選抜が共通テストの成績を採用することになり、青学独自の英語対策をする必要がなくなったことで人気をキープしている。3位は前年からワンランクアップさせた早稲田大学。早稲田大は、総合で第1位になっている。かつては慶應大に惨敗していた印象が強かった早稲田大だが、令和に入り形勢逆転の兆しが見えている。例えば高校の先生にグローバル教育に力を入れている大学を聞いたアンケートでも早稲田大は上位に入るが、慶應大がかなり下に位置していたようだ。

 4位は、前年1位の明治大学。ちなみに、今年志願者がもっとも増えたのが明治大・法学部で2,402人(26.6%増)だった。
5位は前年7位から上昇した中央大学。同学の看板学部・法学部は、法曹界に数多くの人材を輩出しており、「司法試験を目指すなら中央大学」といわれるほどのレベルを誇る。

関東の高校生が志願したい文系大学ランキング、5位中央、4位明治、3位早稲田、2位青山、1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング中央大学早稲田大学明治大学立教大学青山学院大学】の最新ニュースをいち早くお届けします。