回転寿司の絶対王者・スシローがタイ1号店をオープン! 待ち受ける現地の寿司戦争に勝利できるのか?

日本でも回転寿司チェーンの中でも圧倒的強さを誇るスシローが、2021年3月タイ・バンコクの大型ショッピングモールに初出店した。さらにスシローは、3月の進出以降、すでに2店舗目を開店済みで今後も年に複数店舗のペースで拡大していく計画なのだそう。実はこのタイ、“寿司戦争”ともいうべき状態であることをご存知だろうか。ジェトロ(日本貿易振興機構)の2020年の調査によれば、タイでは1,030店舗もの寿司店がしのぎを削っているというのだ。

現地寿司チェーンはスシローのライバルとなり得るか?

(Image:MeSamong / Shutterstock.com)

スシローと同じショッピングモールに現地寿司チェーン店までもが開店

 タイ1号店はなんと座席数が350席!世界のスシローチェーンの中でも最大の大きさだといい、もはやショッピングモールのフードコートのようなスケールだ。食事は家族、友人など複数で食べるのが基本であるタイの食文化をふまえ、寿司店ならではともいえるカウンター席はゼロ。ボックス席のみとなっている。

 1皿の価格は40バーツ(約140円)。100円皿が一般的な日本よりは高いものの、まずまずお手頃な価格に思える。しかしタイの平均的な食事料金は、安食堂や屋台で40~50バーツ(約140~175円)、エアコンの効いたレストランで150~250バーツ(約525~875円)という具合なので、一人5皿食べると400バーツ×4人で行くと20皿、…日本の回転寿司よりはちょっと(かなり?)贅沢、といったイメージか。

 5月にはタイのスシロー1号店がある大型ショッピングモールに、対抗するかのように現地の寿司チェーン「MAGURO」が出店。MAGUROはバンコクを中心に10店舗を展開しているが、果たして寿司発祥の地・日本からやってきた王者・スシローのライバルとなり得るのだろうか。

回転寿司の絶対王者・スシローがタイ1号店をオープン! 待ち受ける現地の寿司戦争に勝利できるのか?のページです。オトナライフは、【グルメスシロータイバンコク回転寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。