話題の「JRマルス券シミュレーター」実際にやってみたら“鉄ヲタ”じゃなくてもその再現度に興奮!

JRの「みどりの窓口」で購入すると発券されるICカードサイズほどの切符、通称「マルス券」。マルス券は「旅気分をさらに上げてくれる」といった理由や、条件によって様々に記載される記号などから、魅力にハマるマニアも少なくないのだという。そんなマルス券の券面を自由に作ることができるシミュレーターが話題となっている。鉄道に詳しくなくてもワクワクが止まらない、実際のシミュレーションの様子を紹介しよう。

みどりの窓口で発券される、人気高いマルス券

マルス券以外にもJR東日本や西日本の近距離乗車券などのシミュレーターもある

 自動発券機で切符を購入した場合は30×57.5mmサイズの小さな切符が発券されるが、みどりの窓口や「みどりの券売機」で切符を購入すると57.5×80mm、もしくは57.5×120mmといった大きめサイズの切符が発券される。新幹線に乗車する際に、手にすることが多いかもしれない。

 これは、旅客販売総合システム「MARS(マルス)」という機械にて発券されていることからマルス券と呼ばれている。30×57.5mmサイズの切符よりも、「旅気分を盛り上げてくれるような気がする」ということから、わざわざマルス券で購入する利用客もいるほどだ。

 乗車駅や行き先、日付、金額だけでなく、様々な記号をほぼ完璧に再現&好きなように作成できると話題になっているマルス券の券面シミュレーターを実際に試してみた。

話題の「JRマルス券シミュレーター」実際にやってみたら“鉄ヲタ”じゃなくてもその再現度に興奮!のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフJRマルス券みどりの窓口鉄ヲタ】の最新ニュースをいち早くお届けします。