【Instagram】「フォローバック」の意味やマナーなど解説!

Instagramにおける「フォローバック」をご存じだろうか。Instagramでは、しばしば「フォローバック」という単語が出てくる。そこで、本記事では、「フォローバック」の意味やInstagramでのマナーについて解説するので参考にしてほしい。

【Instagram】「フォローバック」の意味は?

(Image:TY Lim / Shutterstock.com)

 Instagramでの「フォローバック」について、「フォローバック」とは何を意味しているのか「フォローバック」の意味を解説する。Instagramでの「フォローバック」の意味をご存じでない方はまずは本項目を参考にして、Instagramの「フォローバック」について理解してほしい。

・自分のアカウントをフォローしてくれた人をフォローし返すこと

 Instagramにおける「フォローバック」とは、自分のアカウントをフォローしてくれた人に対して、自分もその人のInstagramアカウントをフォローすることだ。フォローを返すという意味で「フォローバック」と言われている。
 Instagramでは、フォローするとフォローしたユーザーの投稿やストーリーズが自分のInstagramの画面上に表示される。通常、Instagramでは知り合いや自分の好きな有名人などのアカウントをフォローするが、しばしば全く知らない人からフォローされることがある。

 このようなときには、フォローバックするかを迷ってしまう方も多い。後ほど、本記事ではフォローバックするか迷ったときの判断基準についても解説するので参考にしてほしい。
 なお、Instagramで鍵アカウントを利用している場合、鍵アカウントへはフォローリクエストは送れるものの、フォローリクエストを承認するまでは相手は自分のInstagramアカウントを見ることができない。このような鍵アカウントからフォローされたときに、フォローバックを行っても、相手がフォローバックを承認するまでは相手のInstagramアカウントの投稿を見ることはできない。

【Instagram】「フォローバック」するのがマナー?

(Image: Ink Drop / Shutterstock.com)

 Instagramのフォローバックがどのようなものか解説した。次はInstagramユーザーの悩みの一つである、フォローされた場合フォローバックしなければいけないのかという疑問について解説する。Instagramを使う上での「マナー」として、フォローバックは必須だと捉えているユーザーも存在するが、そのようなマナーは存在するのかについて解説するので、Instagramのフォローバックについてのマナーについて悩んでいる方は参考にしてほしい。

・しなければいけないルールはない

 Instagramには、フォローバックしなければいけないというマナーは存在しない。Instagramではマナーにとらわれることなく、自由に自分がフォローしたいアカウントをフォローすれば良いので、フォローしたくないアカウントからフォローされたからといって、無闇矢鱈にフォローバックする必要はない。

・フォローする基準は自分で考えてOK

 前述の通り、Instagramにはフォローバックについてのマナーは特に存在しないので、マナーを気にすることなく、自分でフォローする基準を決めてフォローバックするか否かを決めれば良い。

 ただし、これまで解説したマナーの話は一般的なユーザー間でのマナーの話だ。もし、Instagramでフォローしてきたユーザーが職場の上司などの場合には、人によってはこのようなマナーはお構いなしに、フォローバックを強要してくるかもしれない。そのような場合には、マナーなどではなく社交辞令的にフォローバックする人も多い。Instagram自体にフォローバックについてのマナーはないが、人間関係上のフォローバックの必要性は人それぞれである。

【Instagram】「フォローバック」する方法

 Instagramのフォローバックについて解説してきた。これからは実際に、Instagramでフォローバックを行う方法について見ていこう。Instagramでフォローバックを行う方法がわからない方はこの方法を使えば良い。

 Instagramのフォローバックの始まりは、まずは相手が自分のことをフォローしてくることから始まる。通常、Instagramのフォローバックを行う方法といえば相手が自分をフォローしてきたときに、自分のInstagramに表示されるフォロー通知からフォローバックを行う方法だ。今回は、この方法でフォローバック方法を解説する。

Instagramでフォローバックを行う方法について解説する。Instagramのフォローバック方法では、相手が自分をフォローしてきたときの通知を利用する。まずはInstagramを起動して、画面右上にある通知アイコンをタップしよう

Instagramで受け取った通知が一覧で表示される。フォロー通知の場合「○○があなたをフォローしました」と表示され、その横に「フォローする」ボタンが表示される。この画面で「フォローする」をタップすると、即座にフォローバックが行われる。もし、このユーザーについてより詳しくプロフィールを見たい場合には、「フォローする」ボタン以外の部分をタップする

自分のことをフォローしてきたユーザーのプロフィールが表示されるので、フォローバックする場合には、「フォローバックする」をタップする。この方法でフォローバックは完了だ。また、通知以外から相手のプロフィール画面を表示した際に、「フォローバックする」というボタンが表示されていれば、すでに自分は相手からフォローされているということになる。フォローされているかの確認方法としても活用できるので参考にしてほしい

【Instagram】「フォローバック」するときの注意点

 Instagramでフォローバックを行う方法について解説した。しかし、無闇矢鱈にフォローバックを行うのはオススメしない。そこで、Instagramでフォローバックを行うときの注意点について解説する。フォローバックを行うときにはこれから解説する注意点について気をつけてほしい。

・相手のプロフィールやハッシュタグを確認する

 Instagramでフォローバックを行う際には、まずはフォローバックをしようとしている相手がどのような人なのかを確認しておこう。実際に接点のある知り合いや友人、同僚などであれば安心だが、会ったことのない人の場合、誤って自分のことをフォローしている可能性や、フォローしても自分にメリットがない可能性がある。

Instagramでフォローバックを行う際には、相手のプロフィールやプロフィール上のハッシュタグについて見てみよう。プロフィール画面に出身校や現在の職場などを記載している場合、同僚や友人の可能性もある

・フォローバックをする際に一言添えるとベター

 知らないユーザーをフォローバックする場合は、相手が間違ってフォローしてきている可能性もあるので、メッセージ機能を使って一言メッセージを送っておくことがオススメだ。もし、誤ってフォローしている場合には相手からもその旨の連絡があることが多い。

メッセージを送るには、相手のプロフィール画面の「フォローバックする」ボタン横の「メッセージ」をタップする

メッセージ作成画面が表示されるので、メッセージを入力しよう

メッセージを入力したら、送信して相手から返信があってからフォローバックを行おう

【Instagram】「フォローバック」するメリット/デメリット

(Image:Nuchylee / Shutterstock.com)

 Instagramでフォローバックをするメリット・デメリットについて悩んでいる方もいらっしゃるかと思う。そこで、Instagramでフォローバックを行うメリット・デメリットについて解説する。Instagramでフォローバックを行うときにはこれらのメリット・デメリットについて考えてほしい。

・メリット

 Instagramでフォローバックを行うメリットとして、フォローした相手とやり取りを行えるというメリットがある。これは、通常のフォローと同様だがフォローすることでお互いのInstagramにお互いの投稿が表示され、それをきっかけにコミュニケーションを取ることもできる。

 また、Instagramのフォローバックに特にマナーはないと解説したが、上司や先輩など目上の方からするとやはり上司・先輩のフォローは返すものと考えている方も多いため、人間関係を円滑にすすめるというメリットも上げることができる。

・デメリット

 Instagramでフォローバックを行うデメリットとして、自分の投稿画面に相手の投稿が表示されてしまうというデメリットがある。このデメリットについて、これはInstagramでフォローを行ったときの正常な仕様だが、知らない人が自分の興味のない投稿ばかり行っていた場合、フォローバックを行うとその投稿で自分のタイムラインが埋まってしまうこともある。なお、このデメリットについてはInstagramにミュート機能があるので、その機能を使って相手をミュートにしてしまえば、タイムラインやストーリーズにその相手の投稿は表示されなくなる。

 また、Instagramでフォローバックを行うデメリットとして、同じグループの人の特定の人だけフォローバックした場合、他の人からもフォローバックをせがまれるというデメリットもある。このデメリットについては人にもよるが、同じ職場などグループで特定の人だけをフォローバックすると、他の人からなぜ自分をフォローバックしないのかと責められることが考えられるため紹介した。

【Instagram】「フォローバック」するか迷うときはどうする?

 Instagramでフォローバックをするメリット・デメリットについて確認できただろうか。Instagramでフォローバックを行うときにはいくつかのメリット・デメリットについて考える必要もあることがわかった。そこで、最後にInstagramでフォローバックをするか迷うときの判断についてケースごとに解説する。

【ケース①】リア友や知り合いの場合

 Instagramでフォローバックを考えている人がリア友や知り合いの場合、その人との関係性に問題がなければ通常はそのままフォローしても問題がないと言える。
 久しぶりの友だちや知り合いの場合は、Instagramのフォローバックをきっかけに話が弾むことも多くあるので、コミュニケーションツールとして活用してもよいだろう。

【ケース②】知らない人の場合

 知らない人から来たフォローの場合は、フォローバックをオススメしない。知らない人のアカウントには出会い系のアカウントや投資などの勧誘系のアカウントが多い。
 また、特に怪しいアカウントについてはそのまま「報告」しても良い。Instagramではスパムや出会い目的のアカウントは報告が可能なため、迷惑なアカウントは報告してしまおう。

【ケース③】非公開アカウントの場合

 非公開アカウントの場合、名前とプロフィール画像だけは見ることができるのでその情報から友人や知り合いだと特定できた場合には、フォローバックすると良い。しかし、全く誰かわからないときにはフォローバックはオススメしない。また、相手のアカウント名からおおよその相手を推測できても特定はできない場合には、別のSNSやメッセージアプリで心当たりのある人物に、Instagramでフォローを行ったかを質問してみよう。本人であれば、そのままフォローバックしても問題がないと言える。

 なお、非公開アカウントの場合、自分がフォローバックを行っても相手がフォローを承認するまでは、相手の投稿を見ることができない点にも注意が必要だ。これは自分がフォローする側のときも言える話であり、自分が非公開アカウントの状態で誰かのアカウントをフォローすると、そのアカウントからは名前と写真しか見ることができない。そうなると、相手もフォローバックするか迷ってしまう場合もあるので、別のSNSやメッセージアプリで連絡しておくなど、相手に自分のアカウントだとわかるようにしておくと良い。

※サムネイル画像(Image:TY Lim / Shutterstock.com)

【Instagram】「フォローバック」の意味やマナーなど解説!のページです。オトナライフは、【SNSInstagramフォローバック】の最新ニュースをいち早くお届けします。