スシローが東京駅八重洲地下街店をオープン。この店舗が背負う重すぎる使命と、2つの初の試みとは

好調な回転寿司業界の中でも傑出した勢いを見せているスシロー。2021年3月にはタイへ進出、7月15日には国内600店目をオープンしたが、今度は7月29日、スシロー八重洲地下街店をオープンした。東京駅直結という立地の良さはいうまでもないが、回転寿司のスシローと、テイクアウト専門店の「スシロー To Go」を併設した、スシロー初のハイブリッド店舗が誕生したのである。

スシロー初のハイブリッド型店舗。それって一体何?

「ササッと食べたい」「ササッと買いたい」どちらのニーズにもフィット(画像:あきんどスシローリリースより引用)

 スシロー To Goは2021年2月に千葉県我孫子市にJR我孫子駅店をオープン。2020年にテイクアウトの需要が高まったことを受けて開発した店舗だ。年内に15店舗の出店を目指している。どの店舗も駅の改札付近に出店しているのが特徴で、時間がなくてもサッと買えるのが客側の大きなメリットだ。

 スシローの新店推進部の富山宗明課長はITmediaの取材に対し、今回あえてハイブリッド型店舗にした理由のひとつに、八重洲地下街という立地があると語っている。東京駅付近には、旅行者からサラリーマンまで幅広い客層が存在する。「新幹線の時間まで、1人でサッとお昼を済ませたい」「テイクアウトして宿泊施設で食べたい」などニーズがさまざまであることから、今回ハイブリッド型店舗という選択に至ったという。持ち帰りに特化したスシロー To Goでは、To Goでしか買えない商品もそろっている。そしてこの八重洲地下街への新店舗オープンの狙いは、実は他にもあるという。

スシローが東京駅八重洲地下街店をオープン。この店舗が背負う重すぎる使命と、2つの初の試みとはのページです。オトナライフは、【グルメスシロー回転寿司】の最新ニュースをいち早くお届けします。