楽天モバイル、携帯基地局整備計画に狂いが! 世界的な半導体不足がキャリアを襲う

携帯電話キャリアの楽天モバイルは7月27日、現在全国展開に邁進中の自社回線の基地局整備が計画よりも遅れる見通しを明らかにした。楽天モバイルといえば、2020年4月のキャリア参入から破竹の勢いでユーザー数を拡大させていることが知られている。この計画の狂いが、今後の事業拡大に悪影響を及ぼさないといいのだが大丈夫なのだろうか…?

半導体不足が気鋭の楽天モバイルにも影響か

現代の電子機器には多数の半導体が使われている

 楽天モバイルの計画の遅れは、現在世界的に巻き起こっている“半導体不足”が原因とされている。ここ1年ほど、自動車産業が減産を強いられるなど大打撃を受け話題となっていた半導体の供給量の低下の影響が、ついに携帯電話通信の業界にも及ぶようになったのだ。

 そんな見通しの利かない現在を反映してか、楽天モバイルのHPでも楽天回線エリアについて「2021年内に人口カバー率96%へ拡大予定」と表記を変更したうえで「※時期は、世界的な半導体不足等による基地局設備への影響等で、変更となる場合があります」と注意書きが添えられている。半導体不足のさらなる余波もあり得ることに言及するあたり、やはりこの唐突な下方修正自体、想定外の事態が起きたと見るのが自然かもしれない。

楽天モバイル、携帯基地局整備計画に狂いが! 世界的な半導体不足がキャリアを襲うのページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。