iPhone 14(仮称)2022年モデルはチタン素材で軽量化? さらなる高額化で手放しで喜べない?

続々と新シリーズの仕様や発売時期が予想されているiPhone。機能やデザインも新シリーズごとに躍進を遂げ、日本においても人気を保持し続けているスマートフォンとなっている。そんなiPhoneが、2022年に発売されるであろう「iPhone 14(仮称)」の素材について、これまでのデメリットの1つでもあった“重さ”を軽減する“あの素材”が使われるのでは?とウワサされている。

22年発売? の新シリーズiPhone 14

(Image:Marian Weyo / Shutterstock.com)

iPhone 14では、6.1インチと6.7インチの2サイズ展開になるとのウワサも

 現在発売されている最新シリーズ「iPhone 12」は、iPhone 12に加えて「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」と4ラインナップを揃えている。5G対応、カメラ性能の向上、カラーリングの豊富さなど中身も見た目もパワーアップし、発売前から話題になった。

 そして今秋の発売が予想されている「iPhone 13(仮称)」も多くのリーク情報が出され、発売に期待が高まっている。

 機能面でもビジュアル面でも進化を遂げるのは嬉しい話だが、それに伴って懸念されてきたのが「重量」と「価格」だ。シリーズそれぞれに各モデルが存在し、サイズも様々登場しているが、巨大化かつ高額化の傾向にあり、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxではそれぞれ162g/8万5,000円~、187 g/10万6,800円~、226 g/11万7,800円~となっている。iPhoneの存在が広く知られた「iPhone 4」や4Sが約140 g/4万6,080円~だったため、当時と現在の差は一目瞭然だ。

 そんな中、来年の発売が予想されているiPhone 14について、重量面をカバーできる“ある素材”が採用されるのでは?との情報が出回っている。

iPhone 14(仮称)2022年モデルはチタン素材で軽量化? さらなる高額化で手放しで喜べない?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneiPhone 14】の最新ニュースをいち早くお届けします。