安くてうまい定番アイスランキング、3位エッセルスーパーカップ、2位ジャイアントコーン、1位は?

夏になると食べたくなるアイス。季節限定商品も楽しみな一方で、年中購入できる定番のフレーバーは根強い人気を誇っている。高級路線のアイスも人気だが、時にはあえて安価な商品を選んでコストパフォーマンスの高さを楽しむ人も多いのではないだろうか。今回はそんな年中購入できるアイスの中から、「安くてうまい定番アイスランキング」について伝える。あなたのお気に入りアイスは何位?

2位、3位は、食べ応えたっぷりのの商品がランクイン

「明治 エッセルスーパーカップ 超バニラ 200ml」118円税込

画像は(Amazon.co.jp)より引用

 世の中のあらゆるモノ・コトをランキングで発表するランキングサイト「gooランキング」で、「安くてうまい!定番アイスランキング」が発表された。

 3位に選ばれたのは、1994年から発売されている王道のバニラアイス「明治 エッセルスーパーカップシリーズ」。200mlのカップにずっしりとつまったアイスのボリューミーさが人気だ。定番のバニラ、抹茶、チョコクッキーなど新発売の商品にも注目が集まる。リッチな味わいのSweet’sシリーズからは、6月14日に白桃のタルト238円税込が発売。明治が実施した「夏に食べたいデザート」に関する調査で1位に選ばれた「桃のフロマージュタルト」をアイスで表現。SNSでは「まるでケーキのよう」「桃好きにはたまらない」と話題を呼んだ。

 2位は、1966年から発売される江崎グリコのロングセラー商品「ジャイアントコーン」シリーズ。コーンのサクサク食感とバニラアイスのなめらかなくちどけの両方が楽しめる。この2種類の食感が1つのアイスで楽しめるのも満足度が高い理由だろう。2020年3月にはリニューアルされ、コーンの先端部分にチョコレートがたっぷりつまった「しあわせのチョコだまり」が登場。最初から最後まで美味しく食べられると好評を得て、リニューアル後1カ月で1,000万本を突破した。定番商品でありながら、消費者の要望に応える企業努力にも抜かりがない。

奇抜な味も話題!1位はシャリシャリ食感がたまらないあのシリーズ

ガリガリと聞こえてくるかき氷の食感がたまらない

画像は(Amazon.co.jp)より引用

 そして見事1位にランクインしたのは、1980年に発売開始された赤城乳業の看板商品「ガリガリくん」シリーズ。2000年にはパッケージを小学生のキャラクターに一新し、小学生でも手軽に楽しめるアイスというブランディングに成功した。77円税込という手ごろさでありながら、シャリシャリ食感のかき氷をアイスキャンディーで包んだ食べ応えたっぷりの1本。爽快な味わいは夏にぴったりのアイスだが、年中食べたいというコアなファンもいるようだ。

 ガリガリくんといえば、多種多様なフレーバーも人気のヒミツ。2012年に発売されたコーンポタージュ味から始まり、2013年にはシチュー味、2014年にはナポリタン味と奇抜な味を3年連続で発売し、世間に衝撃を与えた。コーンポタージュ、シチュー味はヒットを記録したものの、ナポリタン味は3億の損失を被ったという。反省を活かしたのか、その後はメロンパンの皮が入ったメロンパン味や、発売40周年記念の2021年にはジンジャーエール味やレモンスカッシュ味など、さまざまな新商品を発売してきた。

 数百円で好奇心をくすぐる新作のエンターテインメント性も、安くておいしいアイスの特徴なのかもしれない。コンビニのアイス売り場で、新商品や定番アイスをチェックしてみては。

出典元:安くてうまい!定番アイスランキング【gooランキング

※サムネイル画像(Image:Amazonより引用)

安くてうまい定番アイスランキング、3位エッセルスーパーカップ、2位ジャイアントコーン、1位は?のページです。オトナライフは、【グルメアイスクリームエッセルスーパーカップガリガリくんジャイアントコーンランキング赤城乳業】の最新ニュースをいち早くお届けします。