水道料金が安い都道府県ランキング、5位愛知県、4位山梨県、3位静岡県、2位高知県、1位は?

年間を通じて水の使用量が最も多くなる夏のこの時期、日本では毎年、8月1日を「水の日」、この日を初日する一週間を「水の週間」としている。そこで、今回は水道水に着目。ウォーターサーバーの比較サイト「ミズコム」編集部が運営するサービスサイト「水と暮らす」が、都道府県別と市町村別の「水道料金ランキング」を発表したので紹介しよう。

同じ日本でも地域差がある水道料金

見過ごしがちだが、安全に飲める水道水を整備している日本はすごいのだ

 熱戦が繰り広げられている東京オリンピックの舞台裏で、日本の水道水が海外メディアを驚かせたと話題になった。これは選手村に置かれているウォーターサーバーに、「Tokyo Tap Water(東京の水道水)」と書かれているためで、「日本は水道水が飲めるのか」「水道水が飲めるなんて破格の施設だよ」と感嘆したそうだ。それもそのはず、世界で水道水が安全に飲めるのは、わずか9カ国ほど! 蛇口をひねれば清潔な水が出て、いつでも飲めるというのは珍しいことなのだ。

 さて、そんなクオリティの高い水道水だが、都道府県によって料金に差があるのはご存じだろうか。実際、東京から北海道の道北エリアへ引っ越した際、1カ月(一人暮らし)の上下水道料金を見て驚愕したことがある。

 話を戻し、比較サイト「ミズコム」編集部が、日本水道協会の『水道料金表』(平成31年4月1日版)に基づき調査したランキングを見ていこう。「都道府県別 1カ月の水道料金が安いランキング」の5位は愛知県(2,386円)、4位は山梨県(2.366円)、3位は静岡県(2.351円)という結果となった。

 2位を発表する前にワースト3を紹介すると、45位は山形県(4,228円)、46位は北海道(4,279円)、47位は青森県(4.418円)だった。

水道料金が安い都道府県ランキング、5位愛知県、4位山梨県、3位静岡県、2位高知県、1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング山梨県愛知県水道料金水道水神奈川県静岡県高知県】の最新ニュースをいち早くお届けします。