平均年収の高い都道府県ランキング、4位茨城県、3位千葉県、2位神奈川県、1位はやっぱり!

仕事によって収入が違うのはもちろんのこと、例えば求人サイトの募集欄を見てみると同じ会社、業種でも勤務地によって給料が違っている場合も。求人・転職サービスのdodaは、2019年9月~2020年8月の1年間、dodaエージェントサービスに登録した人のデータを対象として「都道府県別の平均年収」を調査。ランキング形式で発表した。あなたが勤めている都道府県の平均年収は全国的に見てどれくらいに位置しているだろうか?

エリア別でも関東が他を圧倒

ちなみに業種別だと、メーカーが男女平均453万円とトップ、次いで金融448万円(doda発表)

 家賃や物価でさえも地域によって多少差が出るように、給料の金額も地域によって変化があるのはサラリーマンたちにとっては承知の通り。でも実際には、どれくらいその差があるのか気になったことはないだろうか?

 まずはざっくり地域別でのランキングを見てみると、やはり関東エリアが圧倒的。平均年収は男女全体で429万円と、続く東海エリアの400万円と比べてみても給料1か月分ほどの差がみられる。ものづくり王国・東海でも、あらゆる企業の本社が集まる関東エリアには及ばないようだ。

 いわゆる3大都市と言われる大阪府が属する関西エリアは、意外にも389万円で3番手。母数が多い分、逆に散らばってしまったのだろうか。ちなみにエリアで最も平均年収が低かったのは九州・沖縄エリア。男女全体で369万円と、関東圏と比べて60万円もの差がある。

平均年収の高い都道府県ランキング、4位茨城県、3位千葉県、2位神奈川県、1位はやっぱり!のページです。オトナライフは、【マネーランキング千葉県埼玉県平均年収東京都神奈川県給与茨城県】の最新ニュースをいち早くお届けします。