格安スマホ(ahamo、povo、LINEMO)ぶっちゃけ一番使いたいプランはどれランキング!

格安スマホの躍進に待ったをかけるべく、ドコモ・au・ソフトバンクのいわゆる3大キャリアが2021年3月から提供している新料金プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」。どのプランも、月間データ容量が20GBであるにも関わらず、月の利用料金が2,000円台と格安スマホ並みのコスパの良さが魅力で、ネットメインで使う人は相当な節約になる場合も…!?

ねとらぼ調査隊が2021年7月、「3大キャリアの新料金プランで一番使いたいのはどれ?」というアンケートを実施。想像以上の差がつく結果となった。

第3位はソフトバンクのLINEMO。990円の新プランが起爆剤となるか!?

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

LINEでのデータ通信がギガフリーなのはうれしい

 第3位は、ソフトバンクのLINEMO。もはやライフラインと呼んでも過言ではないアプリ・LINEでの通話やメッセージには、月のデータ通信量にカウントされない=消費されないのが最大の特徴だ。しかも2021年7月、3GB・990円(税込)のミニプランも登場。3GBあれば、出先で動画やゲームはそこそこ、家にWi-Fi環境があるという人や、仕事中私用スマホをさわれない、という人であれば十分なデータ通信量のため、さらに費用が抑えられる可能性もある。

 特にこの新プランについて、ツイッターには「LINEMOの新プランはマジで価格破壊」「ほかにもっと安いプランもあるけれど、通信の快適性ではLINEMOに軍配」「価格・通話面だけならLINEMOで十分」という意見もあり、かなり魅力を感じる人もいるようだ。
とはいえこのランキングでは第3位、つまり最下位となってしまったLINEMO。この新プランが今後のLINEMOの発展のカギとなるのか、注目したい。

NTTドコモのahamoとauのpovo、圧倒的強さを見せたのはどっち?

(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

高い高いと言われ続けたドコモだが、高くても選ばれる強さがあるのだ

 第2位はauのpovo。ということは、第1位はやっぱり(?)ドコモのahamoだった。2位のpovoは、ズバリ電話をほとんど使わないユーザー向けと言っていい。月額利用料金は2,728円(税込)に抑えられているが、それもそのはず、5分以内の国内通話かけ放題は有料オプションとなっているのである(月額550円税込)。「それでもやっぱり電話はするかも」という人ならかけ放題オプションを“トッピング”していく方式。その他にも自分の使い方に合った細かいオプションを組み合わせることができる。

 なかでも、申し込みから24時間限定でデータ制限なしでデータ通信が使える「データ使い放題24時間」オプションが好評。しかもこのオプション、たった220円(税込)である。さまざまなトッピングで、自分にピッタリのプランが作れるというわけだ。

 そして第1位はドコモのahamo。今回のアンケートでは66%という得票率で、他の2社を大きく引き離しての戴冠となった。実はこのahamo、今回の3つのプランのなかでは一番基本料金が高い。「やっぱりドコモはお高い~!」と思ったあなた、高いのにはお得なワケがある。povoではオプションだった国内通話料金5分かけ放題と、82の国や地域でデータ通信が可能な海外ローミングが含まれている。「ほとんど電話って使わないな」という人も、仕事やアルバイトの連絡はやはり音声通話。友達への急ぎの要件でのちょこっと電話、など意外と使っているのではないだろうか。

 とはいえ3大キャリアユーザーでも「まだ新プランに移行していない」「格安スマホにした」という人も多いのではないだろうか。筆者もその一人である。これでも「まだ」動かない人をどう動かすのか。3大キャリアの今後に期待したい。

出典元:【ahamo、povo、LINEMO】スマホの「新料金プラン」人気ランキング! 1位は「ahamo」に決定!【2021年最新】【ねとらぼ調査隊

※サムネイル画像(Image:Koshiro K / Shutterstock.com)

格安スマホ(ahamo、povo、LINEMO)ぶっちゃけ一番使いたいプランはどれランキング!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauLINEMONTTドコモpovoソフトバンクランキング格安スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。