最強のネット銀行「あおぞら銀行BANK支店」にデメリットはないの? 普通預金で0.2%!!

現在、大手銀行の金利は0.001%と史上最低水準だ。これは、100万円を預けても1年後にもらえる利息はたったの10円(税引き後は約8円)しかないことを意味する。そんなか、あおぞら銀行BANK支店では、普通預金金利が0.2%とヤバいほどの高金利を提供している。確かにこの高金利は魅力的だが、あおぞら銀行BANK支店には何もデメリットがないのだろうか? そこで今回は、あおぞら銀行BANK支店のメリットとデメリットについて徹底検証してみよう。

あおぞら銀行BANK支店ってどんな銀行なの?

(Image:aozorabank.co.jp)

 アナタは夏のボーナスをどうしているだろうか? リスクを取って株やFX、投資信託などを始めた人も多いと思うが、ボーナスをそのまま大手銀行に預けていてもお金は増えないぞ。現在、大手銀行の普通預金金利は0.001%。これは、100万円を預けても1年後にもらえる利息はたったの10円(税引き後は約8円)しかないことを意味する。そんななか注目したいのが「あおぞら銀行BANK支店」だ。

 あおぞら銀行BANK支店では、なんと普通預金で0.2%という高金利を提供している。これは金利が高いと言われているネット銀行の定期預金でもトップクラスの高金利。このヤバいくらいの高金利に“そんな高金利を提供するには何か裏があるのでは?”と深読みする人もいるかもしれない。そこで今回はあおぞら銀行BANK支店に何かデメリットがないのか、じっくり探ってみたいと思う。

(Image:aozorabank.co.jp)

あおぞら銀行BANK支店の普通預金金利0.2%は、大手銀行の実に200倍もの高金利。ネット銀行の定期預金でもトップクラスの金利を、普通預金で普通に提供しているのが凄い!

あおぞら銀行BANK支店はヤバいほどの高金利!

 そもそも、あおぞら銀行は関東を中心に全国20カ所の店舗を構える一般的な銀行だが、「BANK支店」は実店舗を持たないネット銀行となっている。BANK支店はネット銀行なので、当然のことながら口座の開設から資金管理などは、わざわざ店舗に行かなくてもすべてスマホで操作できるのだ。

 現在、一般的なネット銀行では定期預金で0.13〜0.2%、普通預金で0.1%の金利を提供しているところもあるが、これらは期間限定キャンペーンだったり、証券会社の口座開設といった条件をクリアしないとダメ。ところが、あおぞら銀行BANKの普通預金金利0.2%は何の条件もなく、ただ、口座を開設してお金を預けるだけでOKなのである。もちろん、普通預金なのでいつでも入出金できるし、どうしてもリスクのある金融商品には手を出したくない人にとっては、最高の選択肢となるだろう。

 しかも、あおぞら銀行BANK支店では、日本全国にある「ゆうちょ銀行ATM」での入出金手数料が、いつでも回数制限なく無料で利用できるのが素晴らしい。

あおぞら銀行には実店舗もあるが、0.2%の高金利を提供しているのはネット銀行のBANK支店となる。もちろん、実店舗に行く必要はなくスマホから簡単に口座を開設できる

他行宛振込手数料を無料にする条件はかなり厳しい

 普通預金金利0.2%という驚異的な高金利を提供しているあおぞら銀行BANK支店だが、何かデメリットはないのだろうか? まず、あおぞら銀行BANK支店の他行宛ての振り込みは1件につき157円の手数料がかかるが、条件次第で月3回まで無料になる。他行宛振込手数料を無料にするには、(1)合計残高が500万円以上、(2)Visaデビットの利用が1回以上、(3)投資信託残高があることといった3つ条件があり、どれかひとつクリアするごとに月1回無料となる(最大月3回まで)。

 だが、さすがに毎月残高500万円以上を維持するのは難しいし、投資信託を始めるのにも勇気がいる。誰でもクリアできる条件は「Visaデビット利用1回」しかないので、実質月1回しか無料で振り込めないことに……。しかも、この条件で他行宛振込手数料が無料になるのは、翌々月1カ月間だけなのである。

 たとえば、住信SBIネット銀行では条件なしの「ランク1」で月1回、スマート認証NEOを登録すれば「ランク2」となり、月5回も他行宛振込手数料が無料になる。もし、スマート認証NEO登録にくわえ総預金残高が300万円以上残高があれば「ランク3」になり、なんと月10回も無料になるのだ。もし、銀行振込が多い人は注意したほうがよいだろう。

■あおぞら銀行BANK支店で他行宛振込手数料を無料にする条件
【1】合計残高が500万円以上
【2】Visaデビットの利用が1回以上
【3】投資信託残高があること
※各条件をひとつクリアするごとに月1回無料となり、条件3つクリアで翌々月に3回まで無料となる

(Image:aozorabank.co.jp)

あおぞら銀行BANK支店では他行宛振込料は1回157円かかるが、条件をひとつクリアするごとに月1回、月最大3回まで無料となる。ただし、条件はかなり厳しい……

(Image:aozorabank.co.jp)

あおぞら銀行BANK支店のキャッシュカードは、「Visaデビットカード」としても利用可能。条件をクリアすれば最大1%のキャッシュバックが受けられる(半年で60万円以上利用した場合)

セブン銀行ATMの出金には手数料がかかる!

 あおぞら銀行BANK支店では、ゆうちょ銀行ATMでの入出金手数料がいつでも何回でも無料になるが、セブン銀行ATMには注意が必要だ。入金は何度でも無料になるが、出金に関しては平日8時〜18時は110円、それ以外は220円の手数料がかかる。間違ってATM手数料を取られると、せっかくの利子がぶっ飛んでしまうので注意したい。

 また、あおぞら銀行BANK支店の普通預金金利0.2%は固定金利ではなく“変動金利”となっている。そのため今後は金利が下がってしまう可能性もゼロではない。
 最後に、ネット銀行では通帳がなく、残高照会や利用明細確認もすべてスマホ上で行うことになる。もちろん、これはあおぞら銀行BANK支店だけの話ではないが、もし、ネットに不慣れな人にはあまりオススメできない。

あおぞら銀行BANK支店ではセブン銀行ATMも利用できる。入金は無料だが、出金に関しては110〜220円の手数料がかかるので注意しよう

(Image:aozorabank.co.jp)

あおぞら銀行BANK支店は、基本的にすべてスマホで操作することになる。紙の通帳はないのでネットに不慣れな人にはオススメできない

 いかがだろうか? あおぞら銀行BANK支店最大の魅力は、何と言っても普通預金0.2%の高金利だ。今回はなんとかデメリットを探してみたものの、結局は他行宛振込手数料やセブン銀行ATMでの出金手数料程度しか見つからなかった。もちろん、万一あおぞら銀行BANKが破綻した場合でも、ペイオフによって1,000万円までの預金は保護されるので、安心して利用できるだろう。また、Visaデビットの還元率も最大1%なので、下手にPayPayなどを利用するよりもお得なのだ。このように、あおぞら銀行BANK支店にほとんどデリットはなく、安心して利用できるネット銀行だと言える。

●あおぞら銀行BANK支店(公式)は→こちら

(※2021/8/13 記事の一部を訂正いたしました)

最強のネット銀行「あおぞら銀行BANK支店」にデメリットはないの? 普通預金で0.2%!!のページです。オトナライフは、【マネーあおぞら銀行BANK支店ネット銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。