「Microsoft Teams」を完全にアンインストールする方法!

Microsoft Teamsが必要なくなりPCからアンインストールするときには、通常のアンインストール方法だけでは完全にアンインストールできないことがある。この記事では、Microsoft Teamsを完全にアンインストールする方法を解説する。

「Microsoft Teams」を完全にアンインストール(削除)する方法【Windowsデスクトップの場合】

 Windowsデスクトップ版のMicrosoft TeamsをPCから完全に削除する手順は次の通りである。

【手順①】タスクバーのアイコンを右クリックしTeamsを終了する

 Windowsデスクトップ版のMicrosoft Teamsを完全にPCから削除するためには、Microsoft Teamsをタスクバーから完全に終了しなければいけない。

タスクバーに表示されているTeamsのアイコンを右クリックして「ウインドウを閉じる」をクリックする

【手順②】タスクバーの「スタート」ボタンから「設定」「アプリ」を開く

 Windows10の「設定」にはいる。

Windows10の「スタート」ボタンをクリックして歯車のマークの「設定」を開く

「設定」で「アプリ」をクリックする

【手順③】「Microsoft Teams」をアンインストールする

「Microsoft Teams」をアンインストールしていく。

「アプリと機能」で「Microsoft Teams」を探してクリックする。「アンインストール」が表示されたらクリックする

アプリ削除の確認メッセージが表示されたら「アンインストール」をクリックする

【手順④】「Teams Machine-Wide Installer」をアンインストールする

 Microsoft Teamsを完全に削除するためには、「Microsoft Teams」だけではなく「Teams Machine-Wide Installer」のアンインストールも必要である。「設定」の「アプリと機能」のページから「Teams Machine-Wide Installer」を探してクリックする。

 すると「アンインストール」が表示されるのでクリックすると、アプリ削除の確認メッセージが表示される。もう一度「アンインストール」をクリックすると「Teams Machine-Wide Installer」を削除して、完全にMicrosoft Teamsをアンインストールできる。

・モバイルの場合

 Microsoft Teamsはスマホやタブレットでも使えるモバイル版もリリースされている。モバイル版Microsoft Teamsのアンインストール方法は、それぞれのスマホやタブレットなどのモバイル端末の、その他のアプリのアンインストール方法と同じ方法である。

「Microsoft Teams」を完全にアンインストール(削除)する方法【Macの場合】

(Image:DANIEL CONSTANTE / Shutterstock.com)

 MacからMicrosoft Teamsを完全にアンインストールする手順は次の通りである。

1. MacのDockに表示されているMicrosoft Teamsのアイコンを右クリックして「Option」キーを押しながら「強制終了」をクリックする。
2. Macの「アプリケーション」のフォルダを開く。
3. 「Microsoft Teams」をゴミ箱に入れる

「Microsoft Teams」を完全にアンインストール(削除)する時の注意点

 Microsoft Teamsを完全に削除するときには注意点がいくつかある。特に、Microsoft Teamsのアンインストールでトラブルが起きる場合には、次の2つの注意点をよく確認してみよう。

・OfficeをアンインストールするとTeamsも削除される

 Microsoft TeamsはMicrosoft Officeの中のソフトの1つである。もしもTeamsだけが必要ない場合には、デバイスからTeamsだけをアンインストールすることはできる。Teamsだけをアンインストールしても、他のOfficeソフトの利用には一切影響しない。

 しかし、Microsoft Officeをアンインストールしてしまった場合には、Teamsも一緒に削除されてしまう。WordやExcel、パワポといったOfficeソフトは必要なくなっても、テレワーク用ツールとしてTeamsが必要な場合には、Officeソフトをアンインストールしても大丈夫か先に確認した方がいいだろう。

・「Microsoft Teams」と「Teams Machine-Wide Installer」の両方をアンインストールする必要がある

 もう一つの注意点はWindows版ではMicrosoft Teamsだけをアンインストールしても、Teams Machine-Wide Installerもアンインストールしないと、完全に削除できない。Microsoft Teamsを削除したはずなのに、なぜか復活しているという場合にはTeams Machine-Wide Installerをアンインストールしていないことがある。

 Windows版Teamsを削除する場合には、TeamsだけでなくTeams Machine-Wide Installerの削除も忘れないようにしよう。

※サムネイル画像(Image:monticello / Shutterstock.com)

「Microsoft Teams」を完全にアンインストールする方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスMicrosoft Teamsアンインストール】の最新ニュースをいち早くお届けします。