焼き鳥の人気部位ランキング、5位「ハツ」4位「せせり」3位「砂肝」2位「ぼんじり」さて1位は?

1位はパリっとジュワーと甘みが広がるあの部位

部位によって食感も味わいもさまざま

 トップ5となる第5位は、79票獲得した「ハツ」。ニワトリの心臓にあたり、ホルモンの中でも臭みが少なく、あっさりした味わいだ。ビタミンA、ビタミンB群や鉄分を多く含む高栄養な部位でもある。5位とはわずか1票差で4位にランクインしたのは、ニワトリの首肉の総称「せせり」。1羽からとれる量は、約20~100gと少なく希少部位とされる。また、ニワトリは常に首を振って歩くため首の筋肉がよく引き締まっている。そのため、せせりは弾力があり、脂ものっていて旨みが強い。

 3位は85票で、ニワトリの胃袋ひとつ「砂肝」が獲得。プリコリの食感が楽しめ部位だ。2位は、108票を集めた「ぼんじり」。尻尾の骨の付け根にある、三角形の肉のことを指し、地域や店によっては「ポンポチ」「さんかく」「テール」などと呼ばれる。一羽からわずかしかとれない大変希少な部位で、鶏肉の中で最も脂がのっており、なめらかな食感が特徴だ。

 栄えある1位は、126票獲得した「皮」。モモやムネの表面にも付いているが、焼き鳥では首の皮を使うことが多い。というのも、皮は部位によって厚さが異なるが、首の皮は厚く、肉がほとんどついていないためだ。「鶏肉のカロリーのほとんどは皮」と言われるほど脂が多い部位だが、だからこそ濃厚な甘味と独特の食感が楽しめるのだ。

 あなたの好きの部位はトップ10に入っていただろうか。今夜の宅飲みのお供が決まったのでは?

出典元:「焼き鳥」の人気部位ランキングTOP16! 2位の「ぼんじり」を上回る1位は?【ねとらぼ調査隊

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

焼き鳥の人気部位ランキング、5位「ハツ」4位「せせり」3位「砂肝」2位「ぼんじり」さて1位は?のページです。オトナライフは、【グルメせせりハツぼんじりランキング焼き鳥砂肝】の最新ニュースをいち早くお届けします。