グーグルスマホ「Google Pixel」がシェア獲得に大苦戦!? その意外な原因とは?

GAFAの一角であり、世界でもトップクラスの知名度を誇っているグーグル。日常的にインターネットを使う読者の方々であれば、一日一回はそのサービスを利用しているという人も多いことだろう。しかしそんなグーグルでも苦戦しているジャンルが存在するようだ。それはなんと携帯電話業界。スマートフォン用OSの世界シェアで断トツの利用率を誇るAndroid OSの開発元が、なぜスマホで苦戦を強いられているのだろうか…。

グーグルのスマホ、シェア獲得に苦戦中?

(Image:Benny Marty / Shutterstock.com)

グーグルもAndroid OSも知名度は抜群だが、Googleスマホと言われると

 グーグルといえば、ご存じの通り世界トップクラスのIT企業であり、2021年第2四半期(4~6月)の純利益が185億2,500万ドル(約2兆円)という超巨大企業でもある。誰もが知る「Google検索」から、Google アカウントを用いた「Gmail」や「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」といったビジネスシーンでも広く利用されるサービスまで、ソフトウエア・サービスの開発力は有名だ。

 そんなグーグルはスマホ業界でも圧倒的。調査会社・StatCounterの発表によれば、2021年7月の世界のモバイルOSシェアでは「Android OS」が72.2%を獲得。iPhoneなどに搭載される「iOS」の26.9%を大きく引き離し格の違いを見せつけていた。

 そんなグーグルが出す「Google Pixel」シリーズもさぞ売れているのだろう…と思いきや、意外にも市場シェアは高くない。調査会社・Statistaの調査によればPixelシリーズのシェアは、発表された中で最も高いカナダで4.2%、最も低いスペインでは0.9%と非常に苦戦している様子が伝えられている。

グーグルスマホ「Google Pixel」がシェア獲得に大苦戦!? その意外な原因とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGoogleGoogle Pixelスマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。