国内銀行「平均年間給与」ランキング、3位「東京スター銀行(801万)」2位「あおぞら銀行(808万)」1位は?

社会情勢や不況に左右されない、安定した職業といえば、一体何が思いつくだろうか。公務員?それとも自動車や食品などの大手メーカー勤務?そのなかのひとつに「銀行員」を思い浮かべる人も多いのではないだろうか。そこで今回は東京商工リサーチが実施した国内78銀行の「平均年間給与(基本給与+賞与・基準外賃金。以下、平均給与)」調査をもとに、安定感のある銀行員の皆さんの懐事情を、丸裸にしていこうと思う。

3大メガバンクでも明暗が分かれる。それでも平均給与は606万円超え!

606万円は、他業種から見るとやっぱり「いいなぁ」と言いたくなる額だ

 安定した職業の代表格ともいえる銀行勤めだが、さまざまな企業が苦境に立たされている不況の中では、やはり堅実な職種だと言っていいだろう。中小・零細企業では、ボーナス減額はもちろんのこと、そもそもボーナスがゼロ、という企業も決して珍しい話ではない。また、倒産せざるを得ないという企業も少なくない。銀行は、そんな厳しい状況に置かれた企業への支援策を通じて、ますます存在感を高めている。

 ただ銀行にとっても全くのノーダメージとはいかない様子で、収益格差は拡大する一方だ。いわゆる“3大メガバンク”である三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行では、三井住友銀行のみが前年を上回ったが、その他2行は前年度を下回る結果となった。

 そんな状況下で、国内78銀行の2021年3月期の平均給与は、ズバリ606万6,000円(中央値608万4,000円)だった。前年の607万3,000円(同610万8,000円)からは7,000円減少(0.1%減)し、2年連続で前年を下回った。

 下回ったとはいえ平均でたった7,000円、中小企業に勤める会社員からすると「うらやましい」の一言に尽きるが…。

国内銀行「平均年間給与」ランキング、3位「東京スター銀行(801万)」2位「あおぞら銀行(808万)」1位は?のページです。オトナライフは、【マネーあおぞら銀行ランキング三井住友銀行平均年収東京スター銀行給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。