2021年は“ネット銀行元年”?! 紙の通帳有料化で再注目されるネット銀行のメリットを解説

これまでの銀行は近所のATMで記帳したり振り込みをするのが当たり前だった。しかし、2021年以降は紙の通帳が有料化されたうえ、支店がどんどん削減されて、これまでのようなフルサービスは受けられなくなるのをご存じだろうか? そこで今注目されているのが「ネット銀行」である。今回は、紙の通帳や支店が無くなっても困らない「ネット銀行」をお得に使いこなす方法を紹介しよう。

大手銀行のATMや支店は大幅に削減されている!

 大都市に住んでいる人はみずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった大手銀行を利用している人が多いと思うが、長引く不況にマイナス金利、さらにはコロナ禍の影響で、大手銀行はかなり厳しい状況に追い込まれている。すでに大手銀行の普通預金金利は0.001%まで低下しているし、紙の通帳の有料化やATMと店舗の削減も急速に進んでいるのだ。

 とくに、ATMは維持費が非常に高額なので、大手銀行は大幅に削減してコンビニATMに頼っている。もちろん、全国にある支店の整理も進んでおり、三菱UFJ銀行は2023年末までに2017年時点で515あった支店を40%(200拠点)減らし、残った支店も160拠点は簡素化される予定だ。みずほ銀行は2024年度に支店を130拠点削減したうえで、2026年度までに1万9,000人もの人員削減を計画している。また、三井住友銀行は400ある支店を残しながら、300カ所を小型の個人向け資産運用窓口に変更する予定だという。

大手銀行にとってATMの維持費用は月30万円ほどかかると言われている。そのため、現在ではコンビニATMが代用されるようになってきた

2021年から紙の通帳は有料化されている!

 実は紙の通帳を発行するには1通あたり年間200円の印紙税や印刷費などが必要になる。三菱UFJ銀行の場合は、約4,000万口座で年間80億円近い税負担が生じているという。そのため、大手銀行では2021年以降、紙の通帳の有料化が進められることになった。

 たとえば、みずほ銀行では2021年1月から新規口座で紙の通帳を発行すると、1冊1,100円の手数料を取られるし、三井住友銀行も2021年4月から紙の通帳は年間550円の手数料が取られることになっている。三菱UFJ銀行は、まだ紙の通帳の有料化は発表していないが、2021年7月以降の新規口座で、2年以上利用がないと1,320円の口座管理料を取られる。この辺りの事情は→こちらで確認してほしい。

 このように、今後、大手銀行のATMや支店はどんどん消えていき、紙の通帳も有料化されるため、もはや大手銀行で親切・丁寧なフルサービスを受けることはできなくなるのである。

紙の通帳は年間200円の印紙税や印刷費がかかるため大きな負担になっている。そこで、2021年以降は紙の通帳を有料化する銀行が増えている

2021年は“ネット銀行元年”?! 紙の通帳有料化で再注目されるネット銀行のメリットを解説のページです。オトナライフは、【マネーauじぶん銀行PayPay銀行ソニー銀行ネット銀行ゆうちょ銀行住信SBIネット銀行楽天銀行】の最新ニュースをいち早くお届けします。