日本・中国・韓国のキャッシュレス決済実態調査で見えてきた、日本人の意外すぎる現実とは

キャッシュレス決済が急速に進んできた感のある日本。クレジットカードはいうまでもないが、スマートフォンのみで支払いが完了するQRコード決済は、財布なしで買い物ができ、「一度使うと手放せない」というユーザーも多いのでは?

国際カードブランド「UnionPay」を運営する銀聯国際日本支社が、中国・韓国・日本で20~60代の男女300名を対象にキャッシュレスの実態と国による違いを調査し、その結果を発表。そこに日本の意外な姿が現れた…!

中国との差、なんと約7倍!まだまだ現金派が多い日本

他の2国と日本の現金ユーズ事情が、ここまで差がつくとは想像していなかった(UnionPay調べ)

 「実店舗での支払いで現金を月にいくら使用しているか」という設問では、中国が「2,848円」と一番少なく、続いて韓国が「9,640円」、日本は「20,663円」という他の2国を大きく引き離す(離される!?)結果に。

 確かにコンビニのレジで並んでいると、現金払いの人はまだまだ珍しくないと感じる。筆者はキャッシュレス決済派だが、現金派の支払いを見ていると、まず財布を取りだし、その中から代金分のお金を出し、お釣りをもらい、財布をカバンにしまう…という動作を見て「こ、こんなに時間がかかることをしていたのか…」と思ってしまう。また、「キャッシュレス決済をするとポイントが貯まるのに…!」と他人事ながらもどかしく感じるほどだ。
 日本に住んでいてもかなりキャッシュレス決済が浸透しているなと思っていたが、月に現金を使う額が2,848円というのは、どれだけキャッシュレス決済が多いのだろうか。中国のコンビニのレジに一度並んでみたいものである。

日本・中国・韓国のキャッシュレス決済実態調査で見えてきた、日本人の意外すぎる現実とはのページです。オトナライフは、【マネーQRコード決済キャッシュレススマホ決済中国日本韓国】の最新ニュースをいち早くお届けします。