リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング、5位大阪府、4位福岡県、3位東京都、2位静岡県、さて1位は?

リタイア後の自由時間は、8万時間とも10万時間ともいわれる。Reライフプロジェクトのwebサイト「Reライフ.net」の調査では、「仕事を辞めた後、やりたいこと(やっていること)はあるか」と質問したところ、8割以上が「ある」と答えたという。この貴重な時間を楽しく有意義に過ごすためには、どこに住むかも大いに関係するところ。

そこで今回は、gooランキングが行った「リタイア後に住んでみたい都道府県はどこか」のアンケートについてご紹介していきたい。

日本の文化を感じる歴史的遺産のあるまちがトップ10入り

鶴岡八幡宮や鎌倉大仏などがある神奈川の古都・鎌倉。サーファーに人気の海岸も

 第10位は、163票を獲得した兵庫県、9位は京都府(164票)、8位は神奈川県(165票)がランクインした。10位、9位、8位はいずれもわずか1票差であった。兵庫には神戸と芦屋が、神奈川には鎌倉や横浜があり、いずれも情緒にあふれ、時間もゆったり流れているようなイメージがある。また、古都・京都は悠久の歴史を有するまち。歴史的建造物に囲まれて余生を過ごすというは、歳を重ねるほど魅力を感じるようだ。

 続いて7位にランクインしたのは長崎県(170票)。坂が多く足腰に自信がないとキツイ印象だが、生活費が比較的安いという点が支持された理由か。

 6位は7位・長崎と2票差の愛知県。海も山も近くにありながら、適度な都会性も備えているというバランスの良さが票の獲得につながったようだ。5位は大阪府(175票)、4位は福岡県(180票)という結果に。ここまで西日本が目立っており、東北エリアはまだランクインしていない。寒さと雪がネックなのだろうか。

リタイア後に住んでみたい都道府県ランキング、5位大阪府、4位福岡県、3位東京都、2位静岡県、さて1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング大阪府東京都沖縄県福岡県静岡県】の最新ニュースをいち早くお届けします。