任天堂が四半期決算、売上数トップのSwitchソフトから見るロングセラーのヒミツとは?

任天堂が8月5日、2021年度第1四半期決算(4~6月)を発表した。売上高は約3,226億円(前年同期比9.9%減)、営業利益は約1,197億円(同17.3%減)と、前年度に比べて減収減益となった。しかし、営業利益率は37%をキープしており、悪い結果になったわけではない。それよりも前年度が良すぎたのだ。その一役を担ったSwitch用ソフト2本と一緒に、ロングセラーのヒミツを考えていこう。

今なお売れる人気のあつ森。ソフト・本体共に売り切れ続出!

シリーズ物のソフトは総じて人気があるらしい

 前年度、圧倒的な売り上げを記録していたソフトは「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」だ。あつ森の2019年度の出荷数は1,177万本、2020年度は2,085万本だった。2019年度とはいえ、あつ森の発売日は年度末の3月20日。新型コロナウイルスの巣ごもり需要が功を奏した結果ではあるが、約1年で3,200万本以上を売り上げ、Switchソフトの歴代出荷数で2位に躍り出るほどの大ヒット作品となった。

 ちなみに、3位~5位までの結果は、5位「ポケットモンスター ソード・シールド」(2,185万本:2019年発売)、4位「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(2,320万本、2017年発売)、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(2,477万本、2018年発売)。「あつ森」とは、3位でも1,000万本も差が広がっている。後発のあつ森がこの差をつけるのは驚異的と言っても過言ではないだろう。では、あつ森でさえ越えられなかったソフトとは何なのか、1位を紹介しよう。

任天堂が四半期決算、売上数トップのSwitchソフトから見るロングセラーのヒミツとは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフNintendo Switch任天堂】の最新ニュースをいち早くお届けします。