Googleドライブのアップデート、共有ファイルのセキュリティ強化で古いリンク(URL)が開けなくなる可能性も

グーグルが提供するオンラインストレージサービス「Googleドライブ」が9月以降に大幅なアップデートを行うことが分かった。主な変更点は、共有ファイルのセキュリティ強化だが、それによって古いリンクが作動せず、開けなくなるといった困った事態に陥る可能性があるという。今回は、Googleドライブユーザーなら知っておきたい共有ファイルの変更点について伝える。

注意すべきは2017年以前に生成された共有ファイル

(Image:PK Studio / Shutterstock.com)

誰もが気軽に利用できるGoogleドライブ

 言わずもがな、Googleドライブの最も便利な点の一つは、URLだけで常に最新のファイルを共有できること。オンライン上で最新データが自動更新される共有ファイルは、新しいデータをダウンロードしたり、修正する度にファイルを送ったりする手間が省けるため、ローカルファイルより便利と感じている人も少なくない。しかし、今回のアップデートでは、その共有ファイルのセキュリティがパワーアップし、特定のURLへ簡単にアクセスできなくなるという。

 ファイルの共有方法は「相手のGoogle アカウントを指定する」「共有URLリンクを生成する」という2つ。リンク生成の場合、現在のセキュリティでは「制限付き」と「このリンクを知っている全員」のどちらかを選び、URLを共有することができる。後者の設定でURLを受け取った人はだれでもファイルを開けるのだ。

 便利な反面、以前からURLの文字列推測によるセキュリティの危険性が指摘されていた。文字列の推測による情報漏洩を防止するため、2017年以降のリンクには特別なリソースキーが追加されるように。さらに今回のアップデートでは、2017年以前に生成されたファイルやフォルダのリンクにもリソースキーが追加され、リソースキーを含まない共有ファイルへのアクセスができなくなる可能性があるのだ。

Googleドライブのアップデート、共有ファイルのセキュリティ強化で古いリンク(URL)が開けなくなる可能性ものページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogleドライブ】の最新ニュースをいち早くお届けします。