アクセス過多で制限モードに!? バズりまくりの地図サイト「ゆる~と」ってなに?

個人の趣味の延長線上でも、好きが高じることでとんでもないものができあがるのだ。現在、無料の地図サイト「ゆる~と」がSNSを中心に注目を集めている。温泉など全国の入浴施設や宿泊施設、さらには駅・バス停、道の駅、山までも調べることができる優れものなのだ。果たして誰が、何のためにこのサイトを作ったのだろうか…。今回は、話題のサイト・ゆる~とについてお伝えしていきたい。

多機能地図サイト・ゆる~ととは

ゆる~とで表示した日本全体(国土地理院の地図を使った機能限定版)(画像:やどココ・ゆる~と・バスルートより引用)

 いま話題のゆる~とは、全国にある温泉や銭湯・足湯をはじめ、鉄道駅やバス停、高速道路のSA・PA、道の駅、山なども表示できる優れた地図サイトだ。とくに温泉は「天然」「露天」「サウナ」と分類した標示もできるこだわりぶりだ。
 実はこのサイト、johndoeさんという個人が作成したサイトである。読者の中には「こんな手の込んだサイト、個人で作れるわけないだろう」と感じる人もいるかもしれないし筆者も同じことを思ったのだが、サイトのQ&Aで「個人で作成しているサイトです」と説明されているのだ。

 制作期間は「7年ほど」で「5,500時間以上費やした」という。「趣味の登山で使うバスを探すために作ったもの」だといい、「登山で使うバスを探すのが、毎回大変→地図からバス路線を探すためのサイトを作ろう→ストリートビューで、バス停が確認できれば迷わないのでは」「下山後の温泉は最高。温泉も簡単に探せるようにしたい→登山には天気が重要だから、天気予報も確認したい」など、「登山者に役立ちそうな機能を追加していった結果」というのが、現在の多機能なサイトへと至った経緯のようだ。

 開始から4年ほどは無収入で運営していたものの、Google マップの有料化に伴い試行錯誤の運営が続き、SNSなどでバズった結果「1日で普段の1ヶ月分のアクセス数を大幅に超える」事態に。8月24日現在は、国土地理院の地形図が表示される機能限定版のみ利用することができる。

アクセス過多で制限モードに!? バズりまくりの地図サイト「ゆる~と」ってなに?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフゆる~と地図】の最新ニュースをいち早くお届けします。