転職初年度の年収が高い業種ランキング、3位不動産、2位IT系、年収516万円で1位に輝いたのは?

“職種”で初年度年収が高いのは?

やはり強いコンサルタント……(マイナビ転職調べ)

 では、平均初年度年収が高いのはどの職種なのだろうか。

 全体・未経験者・経験者すべてのカテゴリーで第3位が「建築・土木」、第2位が「ITエンジニア」、第1位が「コンサルタント・金融・不動産専門職」という結果に。未経験カテゴリーのみだと、コンサルタント・金融・不動産専門職の年収は“541.4万円”と、2位に60万円以上の差をつけている。未経験で年収500万円超えである、かなり夢のある話だ。

 そして、職種カテゴリーでも1位に食い込んだコンサルタント。もはや金持ちの代名詞とも言えるだろう。コンサルティング会社は歩合給制度を取っているケースも多く、それが日々の業務のモチベーションに繋がり、結果的に高い給料を生み出しているのかもしれない。給料面での不満から転職を考えている人は、コンサル関係もぜひ視野に入れてみてはいかがだろうか。

出典元:2021年7月度 正社員の平均初年度年収推移レポート【マイナビ転職】

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

転職初年度の年収が高い業種ランキング、3位不動産、2位IT系、年収516万円で1位に輝いたのは?のページです。オトナライフは、【マネーランキング平均年収給与転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。