「PayPay」VS「楽天ペイ」仁義なき決済手数料バトルが勃発、ユーザーにはどんな影響がある?

4,100万ユーザーを抱えるスマホ決済アプリの王者「PayPay」が、2021年10月1日からいよいよ店舗の決済手数料を1.60%〜1.98%ほど徴収することになったのはご存じだろう。だが、これに対抗するように、「楽天ペイ」は中小店舗の決済手数料を10月1日から1年間実質0円にすると発表した。これは明らかにPayPayへの対抗策で、スマホ決済アプリにおける仁義なき戦いが勃発した格好だ。果たして「PayPay」対「楽天ペイ」のバトルは、私たちにどんな影響があるのだろうか?

楽天ペイは決済手数料0円キャンペーンでPayPayに対抗!

(Image:pay.rakuten.co.jp)

 ユーザー数4,100万人超の最強スマホ決済アプリ「PayPay」。国民の約3人に1人が利用するという1強体制を確立したことで、2021年10月1日以降、満を持して加盟店手数料を1.6%〜1.98%ほど徴収すると発表したのはご存じだろう。

 だが、ライバルもこの動きを見逃さない。会員ID数9,870万を誇る楽天グループのスマホ決済アプリ「楽天ペイ」は、2021年8月25日、中小規模の新規加盟店の決済手数料を10月1日から1年間実質0円にする「中小店舗様応援! 決済手数料実質0円キャンペーン」を実施すると発表したのだ。現在、楽天ペイの決済手数料は3.24%と高めだが、「中小店舗様応援! 決済手数料実質0円キャンペーン」期間中に新規加盟する年商10億円以下のお店は、手数料が実質0円になる。これは明らかにPayPayの動きに対抗した楽天ペイの戦略で、ここに「PayPay」対「楽天ペイ」の仁義なき戦いが勃発したのである。

(Image:about.paypay.ne.jp)

10月1日からPayPayはお店の決済手数料を1.60%〜1.98%ほど徴収することにした。これは他社よりもかなり安い水準である。ちなみに「PayPayマイストア ライトプラン」加入の場合は1.60%、未加入だと1.98%になる

(Image:pay.rakuten.co.jp)

楽天ペイはPayPayに対抗し、中小店舗の決済手数料を10月1日から1年間実質0円にして対抗する。いよいよ両雄の仁義なき戦いが始まった!

楽天ペイユーザー向けのキャンペーンも実施!

 楽天ペイでは「中小店舗様応援! 決済手数料実質0円キャンペーン」の実施と同時に、2021年10月1日から楽天ペイユーザー向けキャンペーン「1年間ずーっと!毎月全額還元抽選キャンペーン」も開催する。この「1年間ずーっと!毎月全額還元抽選キャンペーン」は、実店舗において楽天ペイを利用した1カ月分の支払額が、毎月抽選で500人に全額還元(上限は1万pt)されるというもの。

 さらに、絶好調の楽天モバイルと共同キャンペーン「楽天モバイル契約者 20%還元」も実施。楽天ペイユーザーが新規で「Rakuten UN-LIMIT VI」に申し込み、無料通話アプリ「Rakuten Link」を利用すると、10月と11月の2カ月間、楽天ペイの支払い額20%分がポイント還元(上限1,000pt)される。

(Image:pay.rakuten.co.jp)

楽天ペイはアプリユーザー向けのキャンペーンも実施。1年間、抽選で毎月500人に利用額の全額返還(上限1万pt)や、楽天モバイル新規申し込みで、支払いの20%を還元するキャンペーンを展開する

「PayPay」VS「楽天ペイ」仁義なき決済手数料バトルが勃発、ユーザーにはどんな影響がある?のページです。オトナライフは、【マネーPayPayQRコード決済QR決済手数料キャッシュレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。