最も憧れた「三国志」の登場人物ランキング、3位「劉備」2位「諸葛亮」1位は最強ともいわれるあの武将?

「三国志」は、西暦200年前後の中国で、魏・呉・蜀の三国が覇権を争っていた時代の歴史。日本では、マンガ、ゲーム、映画など様々なコンテンツで扱われているため、ファンが多く一般的な知名度も高い。その三国志の魅力は、なんといっても、ドラマチックな物語や個性的なキャラクターの存在だろう。

今回、gooランキングが調査した「最も憧れた『三国志』の登場人物ランキング」を紹介しよう。

人気は人格者?豪傑?知将?ランキング上位は蜀から2人がランクイン!

「水魚の交わり」という言葉は、劉備と孔明の親密な関係性が由来とも

画像は(Amazon.co.jp)より引用

 3位にランクインした人物は、三国志演義の主人公「劉備」。乱世で苦しめられている民を救うため、関羽や張飛とともに立ち上がった劉備。負け戦も多く、情けない姿を見せることもあるが、民や配下を大事に思う心は三国志随一。その仁徳によって、諸葛亮といった優秀な人材を惹きつけ、徐々に勢力を拡大し、三国の1つである蜀を建国し皇帝になれたとか。リーダーの理想形である劉備に憧れを抱く人がいるのは必然だろう。

 2位は、孔明としても知られる蜀の天才軍師「諸葛亮」。蜀が建国できたのは、孔明の存在なしでは達成できなかっただろう。孔明といえば、劉備が孔明を登用するため、3度も家を訪ねた「三顧の礼」は有名な話だ。孔明は戦になると、相手が大軍でも様々な戦略を使って勝利してしまう。映画「レッドクリフ」シリーズで有名な「赤壁の戦い」もその一つだ。三国志の中で一番と呼び声高い頭脳を持つ孔明を好きなファンが多いのも納得だ。

最も憧れた「三国志」の登場人物ランキング、3位「劉備」2位「諸葛亮」1位は最強ともいわれるあの武将?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング三国志劉備呂布諸葛亮】の最新ニュースをいち早くお届けします。