太陽系の惑星と恒星の人気ランキング! 3位「木星」我が「地球」は意外にも2位、では1位は?

今回紹介していくのは、ねとらぼ調査隊による「太陽系の惑星と恒星」の人気ランキングだ。実は近年、太陽系の惑星は「水金地火木土天海冥」ではなくなっている。というのも、2006年8月に国際天文学連合の総会で「惑星」の条件が再定義され、冥王星は「準惑星」となっているのだ。よって「水金地火木土天海」が最新の情報なので、ご存じなかった方は情報の更新を。

さっそく結果発表!

表面の約7割が海に覆われる生命の星、地球

 ではさっそく、「太陽系の惑星と恒星の人気ランキング」を紹介していこう。

 第3位は「木星」だった。木星と言われると少し地味に感じるかもしれないが、太陽系では最も大きな惑星だ。そのダイナミックなスケールから、好きだと思う人が多いのかも。しかし、木星は大きさの割には軽い惑星で、体積は地球の約1,300倍と巨大なものの、質量は地球の約318倍程度だ。木星人気の決定打となっているのは、「機動戦士ガンダム」シリーズの「木星帰り」かもしれない。木星船団のメンバーは元々人材として優れている上に、ニュータイプを持つ者まで現れるなんて……! SFファンにとっては夢のある惑星なのかも。

 続く第2位には「地球」が選ばれた。我々“地球人”にとっては、当然最も親しみのある星だが、首位とはならなかった。現在のところ、唯一生命が確認されている星で、人類だけでなく様々な動植物の宝庫だ。そんな地球を初めて宇宙から見たのは、世界初の有人宇宙飛行に成功したソビエト連邦の宇宙飛行士、ユーリイ・ガガーリンだった。日本の新聞では、彼の言葉が「地球は青かった」と翻訳され、その名言は人々の記憶に刻まれている。

太陽系の惑星と恒星の人気ランキング! 3位「木星」我が「地球」は意外にも2位、では1位は?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフランキング土星地球太陽系恒星惑星木星】の最新ニュースをいち早くお届けします。