政令指定20都市「議員給与」ランキング、3位福岡市・北九州市(88万円)、2位神戸市(93万円)、1位の95万円はどこ?

読者の方々が「“高給取り”のイメージの職業」と聞いてどんな職業を思い浮かべるだろうか。いくつか連想したもののひとつに、“国会議員”が入っているのではないだろうか。国会議員は年収2,000万円以上、ボーナスに当たる期末手当を抜いた月額でも給与(歳費)は130万円を超えるという。

では、国会議員より一段身近な、私たちの住む市区町村の議員であればどうだろうか?今回は、公式に発表されている市区町村議会の議員の給与について、金額のランキングをお伝え行きたい。

政令指定都市の議員平均は78.6万円

(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com)

選挙時のポスター掲示用の看板を見ると「選挙が近いな」と感じる

 全国市議会議長会および全国町村議会議長会の発表する「市議会議員定数・報酬に関する調査結果:令和2年12月31日現在」と「町村議会実態調査結果の概要」によれば、市議会議員の平均報酬月額は議員で42.0万円(議長51.5万円、副議長45.5万円)。町村議会では議員が213,902円(議長290,598円、副議長235,661円)と報告されている。やはり町や村よりも、規模の大きな市のほうが給与も高い傾向にあることがわかった。

 さらに市議会のほうを深掘りすると、特別区(東京23区)では通常の議員でも平均60.8万円(議長91.6万円、副議長78.6万円)。全国に20ある指定都市(政令指定都市)にいたっては議員平均で78.6万円、議長であれば94.8万円、副議長も85.6万円と、町村議会平均の3倍を優に超える金額だ。“平均”でこれであれば、果たして最も高い地域ではいくらになるのだろうか…。

政令指定20都市「議員給与」ランキング、3位福岡市・北九州市(88万円)、2位神戸市(93万円)、1位の95万円はどこ?のページです。オトナライフは、【マネーランキング北九州市政令指定都市横浜市神戸市福岡市議員給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。