政令指定20都市「議員給与」ランキング、3位福岡市・北九州市(88万円)、2位神戸市(93万円)、1位の95万円はどこ?

指定都市最高は横浜市の95.3万円!

みなとみらい地区は横浜市を象徴するエリアだ

 先述の指定都市20市の中で議員給与のトップ5を見ていくと、第5位は広島県広島市と北海道札幌市が86.0万円で並んだ。ちなみに広島市は議長106.0万円、副議長93.0万円、札幌市は議長104.0万円、副議長95.0万円だ。続いても2市が3位タイとなり福岡県の福岡市・北九州市が88.0万円で並んだ(福岡市議長106.0万円、副議長97.0万円、北九州市議長109.0万円、副議長98.0万円)。そして惜しくも(?)2位となったのは兵庫県神戸市だ。議員給与は93.0万円(議長114.0万円、副議長104.0万円)でついに月額90万円台へと突入していった。

 そして指定都市トップとなったのは神奈川県横浜市で、議員給与は95.3万円を記録した。議長ともなると117.9万円だというから恐れ入る(副議長は106.1万円)。さすが377万人の人口(2021年8月1日現在)を擁する大都市と言えるだろう。ちなみに特別区(東京23区)は意外にも高い水準の区はなく、前述の通り全体として議員給与は60万円前後、最も高い江戸川区でも議員給与は62.1万円(議長95.6万円、副議長80.7万円)だった。

 日本の市区町村議会の中には最大で毎月117.9万円もの給与を得ている人もいるらしい。一般人の月給が25~30万円前後と仮定すれば4倍前後の金額を得ていることになる。

 しかしこれをうらやましいと思うか否かは人それぞれではないだろうか。ちなみに筆者はあまりうらやましいと思わない側だ。常に一般人とは比較にならないレベルのプレッシャーを周囲から受け続けながら働き続けるのであれば、常識的なプレッシャーの範囲内で日々仕事をこなしていきたい。

参照元:市議会議員定数・報酬に関する調査結果:令和2年12月31日現在【全国市議会議長会】
参照元:町村議会実態調査結果の概要【全国町村議会議長会】

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

政令指定20都市「議員給与」ランキング、3位福岡市・北九州市(88万円)、2位神戸市(93万円)、1位の95万円はどこ?のページです。オトナライフは、【マネーランキング北九州市政令指定都市横浜市神戸市福岡市議員給与】の最新ニュースをいち早くお届けします。