シニア社員3,000人に聞いた、職場で「正直いや」なシチュエーションの意外な1位とは?

「最近の若いモンは」というセリフはもはや死語だが、会社にいるとジェネレーションギャップを感じることは若い世代側もシニア世代側も、お互いにまだまだ少なくないだろう。

企業や組織へチームワークや働き方改革のメソッドを提供するサイボウズ チームワーク総研は、「シニア社員の職場との関わり」についての意識調査を実施。そのなかでも、シニア世代(今回の調査では55~64歳)が「正直いや」なシチュエーションは何かについての結果を見ていこう。

ペーパーレス化やIT化、年下上司は意外と嫌じゃなさそう

シニア世代でも、現役会社勤めならパソコンもスマホも使いこなせて当たり前

 シニア世代が若手だったころは、飲み会での“飲みニュケーション”も盛んで、働き改革とは無縁のハードかつ泥臭い時代だったと言っていいだろう。女性の社会進出もまだまだ創世記、お茶くみ・寿退社も珍しくない時代だったに違いない。そんなシニア世代から見ると、今の若手世代には戸惑うことも多いはずだ。若手側も多少戸惑うことはあっても、シニア側の方がずっと、違和感や驚くことが多いだろう。

 今回の調査では、会社で起こり得る状況について「正直いやだ」か「問題ない」の2択で実施。調査してみると、意外なシニア世代のホンネが見えてきた。なかでも特に意外だったのが、第8位の「自分より下位/後輩からの助言」が、問題ないと答えた人が81.9%。若手からすると、そんなことを言うと生意気だと思われそうだが、そこは酸いも甘いも噛み分けてきたシニア世代ならではの、「有益な意見なら問題ない」という懐の深さか。また、紙とハンコ全盛時代を過ごしてきたシニア世代は、第7位の「ペーパーレス化」についても80.4%が問題ないと回答。第6位の「自分の上司が年下」も、問題ないが79.2%と約8割に上った。

 第5位の「ITツールの新規導入」も75.4%が「問題ない」と答えた。現役で会社勤めを行っていれば、スマートフォンやパソコンを使い慣れており、新しいITツールも、さして問題も抵抗もなく使えるのだろう。

シニア社員3,000人に聞いた、職場で「正直いや」なシチュエーションの意外な1位とは?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスサラリーマンシニア社員ランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。