テレワーク中の運動不足解消法ランキング、5位「ジム通い」4位「サイクリング」3位「ランニング」2位「筋トレ」を抑え1位になったのは?

テレワークを導入する企業が増え、在宅時間が増えたサラリーマンは多い。テレワークは通勤時間が省け、ラッシュに揉まれるといったストレスがなくなるというメリットがある一方で、生活習慣が乱れやすく、運動不足に陥ってしまう人もいるようだ。今回、LASSICが運営する、「場所に依存しない働き方」を推進・支援する情報を発信するWebメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」が、テレワーカーの「運動不足解消法」に関するアンケート調査を実施したので、その結果を紹介しよう。

運動不足が続くと自律神経の働きが抑制され、ストレスを感じやすくなるように

通勤がなくなり自宅から一歩も外に出ない日がある筆者。健康診断が心配でならない

 元々、デスクワークが中心という人は、テレワークもオフィスワークも、運動量はほとんど変わらないと思うだろう。しかし、通勤時には歩いたり階段を上ったりしているし、勤務中も会議室へ移動したり、ランチに出掛けたりしている。オフィスワークとはいえ、意外と体を動かしているものなのだ。
 そこでテレワーカーたちは、運動不足をどう解消しているのか、テレリモ総研が全国20歳〜65歳の男女1,077名を対象に調査を実施。男性の結果をランキング形式で紹介しよう。

 5位は「ジム通い(6.66%)」。現状は制約がありそうだが、専門の施設に行って体を鍛えることが習慣化されていれば運動不足とは無縁だろう。ちなみに「スイミング」は、4.30%だった。

テレワーク中の運動不足解消法ランキング、5位「ジム通い」4位「サイクリング」3位「ランニング」2位「筋トレ」を抑え1位になったのは?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフテレワークランキング運動不足】の最新ニュースをいち早くお届けします。